• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ゲイ

,

ペンギン

,

同性愛

,

生産性

,

育児放棄

「LGBTは子どもを成さないから生産性がない」と断じた杉田水脈衆院議員の論文を擁護する文章を掲載した『新潮45』(2018年10月号)が炎上、今月25日に同誌の休刊が発表されたが、トカナでも、水田衆院議員の発言がいかなる擁護も許さないほど完全な誤りであることを指摘した。(詳細はコチラ

ゲイペンギンのカップルが育児放棄された子ペンギンを保護! あまりの生産性に飼育員も感動、2人の優しさについて語る!の画像1
画像は「YouTube」より引用

 そもそも、同性愛は人間に特有の現象ではなく、ひろく動物界に見られる普遍的な現象である。キリン、オオカミ、イルカ、ピグミーチンパンジー、ゴリラ、タツノオトシゴ……枚挙に暇がないほど、動物の同性愛行動は確認されている。もはや自然の摂理と言っても過言ではないだろう。


■同性のペンギンカップルが子ペンギンを保護

 そして、自然界においては同性愛者も種の存続においても重要な役割を担っていることがこの度明らかになったのだ。英紙「Daily Mail」(9月27日付)が報じている。

 デンマークのオーデンセ動物園で、同性の雄ペンギンのカップルが、他のペンギンが産んだ赤ちゃんペンギンの子育てに励んでいることが目撃されたのだ。飼育員のサンディー・ヘデガルドさんによると、子ペンギンの母親が水浴びに出掛けた際に、子守りを頼まれた父親が育児放棄。それに見かねた同性カップルのペンギンがその子の面倒を見るようになったという。

「両親が近くにいない赤ちゃんペンギンを見た同性カップルのペンギンが、『かわいそう。僕たちで面倒を見てあげよう』と思ったのでしょう」(ヘデガルドさん)

ゲイペンギンのカップルが育児放棄された子ペンギンを保護! あまりの生産性に飼育員も感動、2人の優しさについて語る!の画像2
画像は「Daily Mail」より引用
ゲイペンギンのカップルが育児放棄された子ペンギンを保護! あまりの生産性に飼育員も感動、2人の優しさについて語る!の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 我が子がいなくなり、父ペンギンの方は知らぬふりだったというが、母ペンギンの方は困惑。ヘデガルドさんによると、母ペンギンは子どものことになるとかなり攻撃的になるそうで、飼育員でさえも子ペンギンには近づくことができないという。

 最終的に、同性カップルが保護した赤ちゃんペンギンは、飼育員の手により両親の元に返されたそうだが、このカップルの行動に心を打たれたヘデガルドさんは、育児放棄されたペンギンの卵を代わりに与えたという。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年9月29日 07:14 | 返信

動物の世界は真の愛があるのだろう
だからといって人間界にもあるとは言い切れない

最近の過剰かつ異常な変態性癖擁護には反吐が出る
いかにギョーカイが汚染されているか良くわかるな

1:匿名2018年9月28日 19:06 | 返信

ゲイは身を助く

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。