LHC実験で「地球が直径100メートルに縮む」可能性! 宇宙規模の大災害に発展か… 科学者がCERNにガチ警告!

 粒子加速器が地球をサッカー場ほどの超高密度な球体に変えてしまうかもしれない――イギリスの有名宇宙物理学者の主張が話題となっている。英紙「The Telegraph」(9月29日付)などが報じている。

LHC実験で「地球が直径100メートルに縮む」可能性! 宇宙規模の大災害に発展か… 科学者がCERNにガチ警告!の画像1画像は「Thinkstock」より引用


■LHCで宇宙規模の災害が起こる!?

 粒子加速器の事故が地球を、ひいては宇宙までをも滅亡させてしまうという仮説は以前より存在し、トカナでもお伝えしている(詳しくはこちらの記事)。科学者の間でも意見が分かれる仮説なのだが、イギリスの高名な宇宙物理学者で王室天文官も務めるマーティン・リース氏が、今月24日に発売する新著『On the Future: Prospects for Humanity (Princeton University Press)』の中で、粒子加速器の事故について“地球が直面する脅威の一つ”として取り上げたという。

LHC実験で「地球が直径100メートルに縮む」可能性! 宇宙規模の大災害に発展か… 科学者がCERNにガチ警告!の画像2マーティン・リース氏。画像は「The Royal Society」より引用

 著書の中でリース氏は、粒子加速器の事故が起きてストレンジレット(ストレンジ物質)が生成された結果、「ブラックホールが形成され、周囲のすべてを吸い込んでしまう」可能性と、「地球が直径100メートルほどのサイズ超高密度な球体になってしまう」可能性を提示している。

LHC実験で「地球が直径100メートルに縮む」可能性! 宇宙規模の大災害に発展か… 科学者がCERNにガチ警告!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで