• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

MUFON

,

UFO

,

残骸

,

米国

,

葉巻型UFO

 米国サウスカロライナ州で、不気味な事件が相次いで報告されているという。観光地で有名なビーチにはUFOが現れ、またある島では浜辺に奇妙な残骸が打ち上げられたというのだ。英「Daily Star」が今月7日付で報じている。

1009SCufo.jpg
マートルビーチ。イメージ画像は「Thinkstock」より引用

■有名ビーチに現れたUFO

 サウスカロライナ州北東部、大西洋に面したマートルビーチ。マリンレジャーはもちろんのこと、ショッピングやゴルフなども楽しめる有名な観光都市である。毎年多くの観光客が集まるこの町の上空でUFOが目撃されたのは、今年8月5日のことだという。

 UFO研究団体「MUFON」のデータベースに登録された目撃情報によると、情報提供者は海辺の桟橋から夜景を撮影していたという。時間は夜8時頃で、空には大きな雲がかかり、稲光が激しく光って夜空を照らしていた。撮影を終え、家で撮影した動画や画像をチェックしていたところ、浜辺に建つ建物の上空に、雷とは明らかに異なる奇妙な光が複数写りこんでいるのに気づいたという。

1009SCufo-1.jpg
画像は「Daily Star」より引用

 ビルの上空には葉巻型UFOを思わせる白い光が並んでいるではないか。真っ直ぐな棒状のUFOが横に3機整列しているのだろうか。その更に上空に、もう一組同じ光が並んでいる。撮影は屋外で、レンズに映りこむような光源はなかったと情報提供者は主張している。

動画は「YouTube」より引用

 なお、この光の正体については、米軍の夜間訓練を偶然捉えたという可能性が浮上している。当時、町ではフェスティバルが行われており、そのイベントの一環としてライトをつけたパラシュート隊が浜辺に降り立ったという。

関連キーワード

UFO

コメント

4:匿名2018年10月13日 00:50 | 返信

ビルの灯が乱反射で2重に映り込んでいるだけじゃないのかい?
1952年のワシントンの写真と同じ。

3:匿名2018年10月11日 01:56 | 返信

大西洋ですよね。
サウスカロライナ州は太平洋には面していません。

2:匿名2018年10月11日 01:54 | 返信

大西洋ですよね?
サウスカロライナ州は太平洋には面していません。

1:匿名2018年10月10日 16:47 | 返信

1ページ目のUFOは
雷がバックで光っても、UFOの光が黒く(影)ならないことから、
『照明を消した部屋から外を見た時に、窓ガラスに映っていた部屋の中のなんらかの明かり』

っぽいし、


2ページ目の残骸は
『映画撮影で使われ放置された大道具』のように見える。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。