• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

MUFON

,

UFO

,

残骸

,

米国

,

葉巻型UFO

■海辺に流れ着いた謎の残骸

 サウスカロライナ州ではさらに奇妙な出来事も話題になっている。今月4日、州の南東部にあるチャールストンから南西およそ40kmの場所にあるシーブルック島の浜辺に、巨大なドーナッツ状の物体が打ち上げられたのだ。

1009SCufo-2.jpg
画像は「Facebook」より引用

 物体は全体的に薄汚れていて、一部は大きく破損している。中心は大きく円形にくりぬかれており、2、3人くらいは入れそうだ。目撃者によると、物体は一見するとしっかりした素材でできているように見えるが、実際には柔らかなスポンジ状だったという。

 この物体の画像は「Lowcountry Marine Mammal Network」のFacebookアカウントにアップされると、たちまち大きな評判を呼んだ。墜落したUFOの残骸という意見はもちろんのこと、ただの大きなブイ、NASAの地球再突入船、また、1986年に爆発事故を起こしたスペースシャトル・チャレンジャー号の部品の残骸ではないかとの興味深い意見も出ている。ただ、現時点ではその正体は不明とのことだ。

 サウスカロライナ州で相次ぐ不思議な出来事は、一体何を示唆しているのだろうか? また、打ち上げられた残骸の正体が判明する日はくるのか? 謎ばかりが残る。

(編集部)

参考:「UFO Stalker」「Daily Star」「The Charlotte Observer」「Facebook」ほか

関連キーワード

UFO

コメント

4:匿名2018年10月13日 00:50 | 返信

ビルの灯が乱反射で2重に映り込んでいるだけじゃないのかい?
1952年のワシントンの写真と同じ。

3:匿名2018年10月11日 01:56 | 返信

大西洋ですよね。
サウスカロライナ州は太平洋には面していません。

2:匿名2018年10月11日 01:54 | 返信

大西洋ですよね?
サウスカロライナ州は太平洋には面していません。

1:匿名2018年10月10日 16:47 | 返信

1ページ目のUFOは
雷がバックで光っても、UFOの光が黒く(影)ならないことから、
『照明を消した部屋から外を見た時に、窓ガラスに映っていた部屋の中のなんらかの明かり』

っぽいし、


2ページ目の残骸は
『映画撮影で使われ放置された大道具』のように見える。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。