学者が設計した「人類最強のデザイナー超人」の姿がヤバ過ぎる! ボルトの足、フェルプスの腕、人間電卓の脳…!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 世界最強の超人を作り上げるとしたら、それはどんな人間になるのだろうか? 無邪気な子どもの空想に、元オリンピック選手という経歴を持つ生理学者が挑んで話題となっている。今月18日付の英「Daily Mail」が報じている。

学者が設計した「人類最強のデザイナー超人」の姿がヤバ過ぎる! ボルトの足、フェルプスの腕、人間電卓の脳…!の画像1画像は「Daily Mail」より引用

■究極のスーパーマンとは

 今回、米FOXの企画で「超人」を設計したのは、近代五種競技の元オリンピック選手で、現在は英リバプール・ジョン・ムーア大学のスポーツ科学の教授を務めるグレッグ・ホワイト氏だ。世界最強の肉体を考える上で参考にしたのは、様々なスポーツ競技で世界的なトップアスリートと様々な天才たちだ。

 ホワイト氏がデザインした「超人」は、人類史上最速と謳われたウサイン・ボルトのごとき驚異的な加速をする足、水の怪物マイケル・フェルプスのしなやかで長い腕に加え、リオ五輪で4つの金メダルを取った女子体操のシモーネ・バイルズの柔軟かつ強靭でバランス感覚に富んだ足先を持つ。

 超人は内臓や骨も優れていなければならない。イギリス史上最強のボート選手スティーヴ・レッドグレーヴの7リットルという通常の3倍の空気を吸い込める肺、ツール・ド・フランス常連のロードレーサークリス・フルームの大きくて力強い心臓、過去に何度も英国最強の男に選ばれているローレンス・シャーレイの強靭な骨格などを持っている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ