• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

アスリート

,

デザイン

,

天才

,

感覚

,

超人

,

身体

 世界最強の超人を作り上げるとしたら、それはどんな人間になるのだろうか? 無邪気な子どもの空想に、元オリンピック選手という経歴を持つ生理学者が挑んで話題となっている。今月18日付の英「Daily Mail」が報じている。

1022superman-1.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

■究極のスーパーマンとは

 今回、米FOXの企画で「超人」を設計したのは、近代五種競技の元オリンピック選手で、現在は英リバプール・ジョン・ムーア大学のスポーツ科学の教授を務めるグレッグ・ホワイト氏だ。世界最強の肉体を考える上で参考にしたのは、様々なスポーツ競技で世界的なトップアスリートと様々な天才たちだ。

 ホワイト氏がデザインした「超人」は、人類史上最速と謳われたウサイン・ボルトのごとき驚異的な加速をする足、水の怪物マイケル・フェルプスのしなやかで長い腕に加え、リオ五輪で4つの金メダルを取った女子体操のシモーネ・バイルズの柔軟かつ強靭でバランス感覚に富んだ足先を持つ。

 超人は内臓や骨も優れていなければならない。イギリス史上最強のボート選手スティーヴ・レッドグレーヴの7リットルという通常の3倍の空気を吸い込める肺、ツール・ド・フランス常連のロードレーサークリス・フルームの大きくて力強い心臓、過去に何度も英国最強の男に選ばれているローレンス・シャーレイの強靭な骨格などを持っている。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領2018年10月26日 02:39 | 返信

その超人は能力的には脱獄王が適している。
格闘家や野球選手には向いていない。

これに太刀山峰右エ門並みの集中力と筋力を備えれば
史上最強の生物、リアル範馬勇次郎になれるだろう。
突き押しが得意であり、一突きに耐えられないから禁じ手になるほどの力士はまさに最強。
500キロの砲弾を軽々持ち上げるパワーがあり、勝率0.966と
昔の小さい土俵でこれだけの成績を収めるのだ。
白鵬など、太っているだけの雑魚相手に張り手かち上げという
必殺コンボで優勝回数を増やしているだけに過ぎん。。
握力70キロしかないのは力士ではない。ただの芸人である。
もし太刀山と対戦することがあったのなら、一突きで大けがして休場に追い込まれるだろう。
殺傷能力があるからこそ超人と呼べるのだ!
更にサイコパス能力があれば
存分にその能力を発揮させ、最強の殺し屋として君臨するはずである。
しかし、一体何のために超人を作るのだ?
私はクローンで国を作り、ウンコ人間のイカレタ未来を変えたいだけだ。
そのためのサイコパワーであり、サイコクラッシャーアタックなのだ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。