• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 昨今、SNSなどを通じて広まる事実無根の記事、いわゆるフェイクニュースの取り扱いが問題となっている。メディア各社は誤った情報の拡散を防ぐため、目下対策を余儀なくされているが、このような試みが言論の弾圧につながるとの見方もある。地球温暖化についての議論をめぐる言論統制の実態を、海外メディアが報じている。

globalwarminghoax1.JPG
画像は「Wikipedia」より

■メディアから消える懐疑論

 1980年代より提唱され続けている地球の温暖化は、いまや全世界的な課題として広く認識されている。さりながら、人間の生活による二酸化炭素の排出は、気温の変化にさほど関与していないのではないか、という温暖化についての懐疑論も、折に触れて盛り上がりを見せることがあった。

 少数ながらも根強い支持を集めてきたこの種の懐疑論であるが、フェイクニュースにまつわる規制によって、主流のメディアから一掃される危機に瀕しているようだ。

 米ロサンゼルス・タイムズ紙は去る2013年に、投書欄から地球温暖化についての議論を排除している。編集者は懐疑的な議論を禁じるわけではないとしながらも、「事実の不正確さ」をその理由として挙げていた。

 またBBC(英国放送協会)においても、懐疑論者を放送や記事へ登場させることのないよう記者たちに教育がなされており、出版社から契約を打ち切られた教授が、ネットメディアに漂着するまでの事態となっている。

 加えて、わずか60人の政治家や科学者らを含む環境保護活動家が、英ガーディアン紙に署名付の手紙を送ったことで、異端者への沈黙を強いるメディアの努力は加速している。

「メディアは本来、あらゆるプロパガンダと表裏一体をなすものであるが、地球温暖化の問題については特にその姿勢が顕著に表れている」と、問題を指摘する引用元の記述者、ビッキー・バッツ氏は指摘している。

コメント

10:匿名2018年11月 9日 11:52 | 返信

米中間選挙で、民主党が8年ぶりに下院の過半数を奪還。 この8年間、ずっと気候変動を否定し続けてきた米下院科学委員会を、気候変動の科学を重視するリーダーが率いることの意味は大きい。 科学を無視する科学委員会なんて意味がない。

9:匿名2018年11月 8日 13:00 | 返信

>(アル・ゴアが)“カーボン・ビリオネア(炭素億万長者)”となった

アル・ゴアの資産が1ビリオネア(1000ミリオン=1100億円)になったってこと?
いや、そんなに無いでしょ

8:匿名2018年10月31日 22:08 | 返信

安易な両論併記は無責任な逃げなんだよね。
確実性の差というものは考慮しないと。

例えば、ホロコーストの事実と、ホロコーストは嘘であるという説、双方をフィフティ・フィフティで併記しなければならないのだろうか。 人為温暖化説と温暖化猜疑論との間にはそれに近い重みの差がある。

ホロコーストの犠牲になったユダヤ人の数については、1000万超から100万辺りまでと諸説あるが、1000万が間違いだからといってホロコースト自体が嘘だということにはならない。

気候学の研究者の間でも、将来の温度上昇や海面上昇がどのくらいになるのかについての見積もりに差はあるが、温暖化自体を否定しているのは気候学者の中では極々極々少数派。 「温暖化は嘘」と主張している者の殆んどは気候学とは関わりない門外漢なのだ。

温暖化猜疑派は温暖化説の齟齬・矛盾を針小棒大に言うが、それは 「大筋で正しい説の中に含まれた小さな誤り」 でしかない。

いずれにしても、温暖化猜疑派とは論議してもキリが無い。それは決着がつかないからではない。 論破されているのに、猜疑派はそれを認めず、些細なことを持ち出したり、あるいはとっくに決着がついた話題を蒸し返して議論をループさせる。 というのも、彼らは自分が論破されていることが理解できないらしいのだよね。

7:ルンルン2018年10月29日 03:18 | 返信

温暖化は大嘘ですね。二酸化炭素が原因も嘘!太陽系全体の異変です。

ただ、このまま車や船舶、航空機などからの二酸化炭素や排気ガス 出し放題は
解決しないといけないと思います。

6:匿名2018年10月28日 21:51 | 返信

中国製HARRPもできたらしいけど、HARRPは使用禁止でしょ。

5:匿名2018年10月28日 21:23 | 返信

地球は寒冷化に向かっていると思う。今温暖化というのは地球を一生懸命温めているから温暖化と勘違いしてるだけ。やがてそのうち本格的な氷河期が来るはずだ。多くの人類は食料を巡って争うだろう。さてどうなることやら? これSF話ですよ本気にしちゃだめだぞ

4:匿名2018年10月28日 21:20 | 返信

温暖化対策では、二酸化炭素などの温室効果ガスを削減することがよく議論されているが、そもそも温暖化の原因となっている赤外線やマイクロ波などの電磁波を減らさないと温暖化は防げないでしょう。

3:匿名2018年10月28日 19:57 | 返信

アメリカ石油業界は自分たちのせいで温暖化が進むことを何十年も前から分かっていたのだけど、逆に温室効果ガスと温暖化は関係無いと世論を誘導する運動を続けているっていう話は知ってるよ。

2:匿名2018年10月28日 14:05 | 返信

目くそが鼻くそを笑っているぞ。

1:園な2018年10月28日 12:35 | 返信

もう何年も前から太陽の黒点の異常やほかの惑星の温度も上がっていることがわかっているのにすべてを地球温暖化のせいにしている。明らかに太陽の以上のほうが原因と思われるのに。マスコミは今年の夏の異常気象がおこっただけですぐに温暖化と関連ずけている。むしろ寒冷化に向かっているかもしれないのに。地球環境で何百、何千年まえのほうが二酸化炭素の濃度がずっと高い時代があったというのに。地球環境は太陽系全体の視点から見なければいけないのに。意図的な陰謀(金儲けのための)を感じる。NHKは太陽に起因する気候変動の番組で寒冷化に向かっているというのを去年もやっていたのに、ニュースでは温暖化を防ぐということを言っていて、科学的見地より温暖化イデオロギー?に沿ったことばかりなのがほかのマスコミも同じで嫌な感じ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。