ドラッグなしで幻覚・幻聴を体験する超簡単な方法! 20分で感覚がブッ飛び… 世界観が変わる「ガンツフェルト効果」とは!?

 LSD大麻危険ドラッグが幻覚や幻聴を起こさせることは知られているが、こういった薬物なしで幻覚を引き起こすことは実は驚くほど簡単なのだという。


■ドラック無しで幻覚を見る方法

creatinghallucinations1.JPG 「Science Alert」より


 我々霊長類が何百万年もかけて進化した脳は高い意識レベルと独創性を持ち、その精巧さと複雑さは最新のテクノロジーの追随を許さないものだ。だが、同時に100億以上もあるヒトの脳のニューロン(情報の伝達と処理を行う神経細胞) は、実はとんでもなくもろい。

 脳自体に傷やこれといった支障がなくてもほんのちょっとしたトリックで簡単に騙されて、実際にそこにはないものを見たり聞いたりしてしまうことが起こりうるのである。

 では、誰でもできる具体的なその方法を見てみよう。

 重要なのは周囲から自分の感覚を遮断した状況をつくること。必要なのは以下のいくつかのアイテムだ。

・薄い白地の紙(プリンター用紙等)
・化粧水に使うコットン
・ゴムバンド
・はさみ、テープ、ホッチキス、ひも等文房具
・30分以上連続するホワイトノイズもしくは雑音を流すYouTubeビデオ
・ノイズキャンセリングヘッドフォン

 基本的にその気になればどれも簡単に手に入るものである。

●推奨ホワイトノイズ動画

1、目元を覆えるように紙を適当な大きさに切って、目に当たる部分にはコットンを両面テープなどで張りつけてアイマスクを作る。白い紙はプリンタ用紙のような薄いものが適しており、ゴムで固定。鼻のところから光が入らないようにコットンで塞ぐ。完成は、下の画像のような感じ。

2、YouTubeにつないだヘッドフォンと共にアイマスクを装着して仰向けになり、自分の感覚を無にするようトライしてみると、その効果はおよそ10~30分後に現れる。

Creating REAL HALLUCINATIONS Without Drugs 動画は「YouTube」より

 ビデオ内で体験した男性2人の場合は開始後20分たった頃に、恐竜やクラゲと類似したシルエットがカラフルに浮かび上がって見えたという。そして1人は叫び声が、もう1人は笑い声が聞こえたと報告している。トカナ編集部でも試してみたところ、とある瞬間にフッと「仏像が見えた」「タモリさんに似た人が見えた」「ざわざわと囁き声が聞こえた」などの体験があがり、今までの自分の世界観が変わるような体験だったと語るスタッフもいた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ