• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【ガチ速報】「宇宙人が送り込んだ偵察UFO」ハーバード大が謎の葉巻型天体オウムアムアの正体に結論! 具体的な推進技術も発覚!の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 2017年10月19日にハワイの望遠鏡によって初めて発見された謎の恒星間天体“オウムアムア”。発見当初から、彗星とも惑星ともつかない謎の天体に世界中の研究者が驚きの声を挙げ、その葉巻型の形状から宇宙船だとも噂されていたが、この度、米・ハーバード大学教授らの研究により、オウムアムアが「宇宙人の偵察船」である可能性が浮上した。

 研究チームのハーバード大学エイブラハム・ローブ教授は、今年1月にも、オウムアムアが宇宙人が飛ばした小型宇宙船である可能性を指摘していたが、この段階ではオウムアムアの推進力は分かっていなかった。

 その後、オウムアムアが太陽に接近するとともに加速していたことが判明したことで、ローブ教授は推進力について1つの可能性に思い当たったという。この度、その研究成果を11月1日付で米コーネル大学運営の学術論文サイト「arXiv」に公開した。タイトルは「オウムアムアの特異な加速は太陽の放射圧で説明できるか?」である。科学ニュース「Universe Today」(10月31日付)を参考に内容を簡潔にご紹介しよう。

 問題の太陽放射による加速は、現実的なアイデアとして宇宙開発にすでに取り入れられており、たとえばJAXAは、太陽放射で加速する惑星間凧宇宙船「IKAROS」を開発中だという。ローブ博士らは、オウムアムアもこのメカニズムを使って加速したのではないかと考えたそうだ。

 そこで、研究チームは、太陽放射によって加速でき、恒星間を無事に移動できるだけの物体の形状や厚さを算出したところ、わずか0.3~0.9mmの物体でも可能ということが判明したという。全長400mのオウムアムアは十分すぎるサイズだろう。

【ガチ速報】「宇宙人が送り込んだ偵察UFO」ハーバード大が謎の葉巻型天体オウムアムアの正体に結論! 具体的な推進技術も発覚!の画像2
画像は「Universe Today」より引用

コメント

4:匿名2018年11月 7日 14:27 | 返信

労働法改悪、移民法案推進の売国安倍も太陽系外へ連れてって。

3:匿名2018年11月 5日 22:16 | 返信

遅すぎる。
形状が判明した時点で私が参加しているSNSのグループでは、異星文明の産物であると語り合われていたぞ。
自称、大学教授のくせに素人にも劣ってどうする。しっかりしろ。

2:匿名2018年11月 5日 21:36 | 返信

7月5日、水道法の改正案が可決されるやいなや、
「慎重にも慎重な検討を重ねたうえで(死刑を)命令した」。7月6日午後0時45分、法務省で記者会見した上川陽子法相は、麻原彰晃をはじめとする7人のオウム死刑囚の刑を執行したことに対して、そう述べた。
拘置所で薬漬けにして、事件の真相を有耶無耶なまま、麻原を死刑執行にした第4次安倍内閣の上川法相。


「オウムうやむや」

1:痴漢「電車内のリュックは邪魔」2018年11月 5日 17:21 | 返信

ロケットのエンジンも電気と太陽放射エネルギーで交換できるようなのを見たが、太陽放射はエンジンに対してのエネルギーにもなるから異星人の作ったものは永遠に動いてるんだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。