【速報】サウジで2人目の記者が拷問・死亡! “王室批判”が原因か…ムハンマド皇太子関与の可能性、ツイッター社に王族のスパイも

【速報】サウジで2人目の記者が拷問・死亡! 王室批判が原因か…ムハンマド皇太子関与の可能性、ツイッター社に王族のスパイもの画像1画像は「The News Arab」より引用

 サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、トゥルキ・ビン・アブドゥルアジーズ・アルジャーセル氏が、拘留中に死亡したとのニュースが報じられた。

 ロンドンに本社を置くパンアラブメディア「The New Arab」(11月6日付)によると、死亡したアルジャーセル氏は、サウジアラビア人の反体制派ジャーナリストであり、ツイッター上でサウジ王族の悪行を次々と暴露したことが原因で、今年3月からサウジ政府により強制的に拘留されていたという。死因には分かっていないが、各報道機関は、拷問によって死亡した可能性を指摘している。

 先月には、サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジアラビア領事館で殺害されている。その指示をしたと疑われているのが、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子(MBS)であるが、どうやらアルジャーセル氏の死にも関与している可能性がありそうだ。

 アルジャーセル氏は、「Kashkool」、「@calouche_ar」という偽名のツイッターアカウントを使っていたが、ドバイのツイッター支社に忍び込んだ王族側のスパイによって身元が明らかにされたという。そして、このスパイは、ムハンマド皇太子の元主任アドバイザーであるサウード・アルカターニ氏によって組織された「サウジサイバー部隊」の一員だというのだ。アルカターニ氏は、ジャマル・カショギ氏の殺害にも関与していたと見られ、カショギ氏死亡後にアドバイザーの職から解任されている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ