2018年最高の「錯視動画」10選(前編)! 脳が完全に痺れまくる激ヤバ作品ばかり… 日本人が最優秀賞を受賞!

「錯視」とは、視覚で起こる錯覚のことである。脳の知覚と認知への影響の研究を促進する組織、「Neural Correlate Society」は、過去14年間にわたり「The Best Illusion of the Year Contest (年間錯視ベスト作品コンテスト)」という世界的コンテストを開催している。前編では、まず2018年の入賞作品から見ていこう。


・ 入賞:Who’s Chasing Whom

 米イェール大学の研究者が制作した「Who’s Chasing Whom」と呼ばれる作品では、東京の地図上に「ゴジラ」と「モスラ」と名付けた2つの赤と青の点が動いている。

Who’s Chasing Whom 動画は「YouTube」より

 動画では地図中、赤の点が青の点を追いかけたり、逆に青の点が赤を追いかけているように見える。しかし実際には、赤の点は固定され、青の点は円上で同じ動きを繰り返しているだけで、画面で自由に動いているのは背景なのだ。しかし見ている人は、背景の地図が動いているのではなく、青い点が赤い点を追いかけているように見える錯視を起こす。

 その理由は興味深い。研究者は「人間の脳は無意識下で、常に他の生物を探索している」と語る。そしてそれによって脳は、無生物(この場合、赤や青の点)に「有生性(動く生き物)」と「意図」を当てはめる働きがあるのだと説明した。


・ 入賞:Just a Tree in Wintertime

「Just a Tree in Wintertime」は、写真を基にした色合いの効果を使って錯視を起こす作品で、オランダ、ユトレヒト大学の材料物理学を専門とするローレン・ヴァン・ダイク氏によって制作された。

Just A Tree in Wintertime 動画は「YouTube」より

 この作品を見た人は、各列の写真のサイズが一方向に大きくなっていると思うかもしれないが、それは錯覚だ。実際、写真間の線は水平である。これは傾き錯視の1つで、赤い直線が置かれるとその錯視は消える。

 作者のヴァン・ダイク氏は、この錯視は水平線と樹木のわずかな傾斜角、そしてコントラストの高いミラーリング写真の交互作用によって作り出されるものと説明している。

人気連載

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

神の啓示で建てられた謎のビル「東京媽祖廟」に潜入=新大久保

今夜21時からの『世界ふしぎ発見!』(TBS系)は、国内テレビ初取材となる台湾の...

2023.04.22 07:00スポット
爆弾魔「ユナボマー」と交流した日本人学者の考察 IQ167の天才が送った「異常な手紙」とは?

爆弾魔「ユナボマー」と交流した日本人学者の考察 IQ167の天才が送った「異常な手紙」とは?

19時から放送される「世界の何だコレ⁉︎ミステリー」(フジテレビ系)では、FBI...

2023.03.15 10:45事件
『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

『クレイジージャーニー』出演ケロッピー前田、世界のカウンターカルチャーを追い続ける男の謎に迫る!

今夜21時からの「クレイジージャーニー」(TBS系列)は放送200回突破記念!少...

2023.01.30 17:00海外の連載
小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

小池百合子が中国利権屋になった理由とは? 中国産太陽光パネルで都民税増税&地価暴落の恐れ=ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.12.21 17:00日本
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

2018年最高の「錯視動画」10選(前編)! 脳が完全に痺れまくる激ヤバ作品ばかり… 日本人が最優秀賞を受賞!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング17:35更新