「後ろ歩き」で“タイムトラベル効果”が発動、記憶力が向上することが判明! 想像するだけでも成果アリ(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
1119memory-3.jpgイメージ画像は「Getty Images」より引用

 実験の結果は、後ろ歩きが短期記憶を向上させることを示していた。しかも、実際に歩かず想像だけでも効果があった。しかし、なぜこのようなことが起こるのか?

 研究チームは「後ろ歩きによる短期記憶向上のメカニズムは不明」としながらも、この結果について、記憶の形成はおいて「時間」と「空間」という二つの概念のリンクが非常に重要であることの証拠だと考えている。後ろ歩きすることで「精神的なタイムトラベル」が起き、それが記憶の形成に明確な影響を与えているというのである。

 もうすぐ受験シーズン、何かを覚えたいときは後ろ歩きすると効果的かもしれない。ただし、安全にはくれぐれもお気をつけて。

(編集部)

参考:「Daily Mail」「Cognition」ほか

関連キーワード

コメント

1:匿名 2018年11月19日 21:17 | 返信

ところが、日本では理由は何年も前に解明されている。
公園のような安全な場所で後ろ向きでウォーキングしている人、見かけるだろ?
遅いぞ、TOCANA。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。