• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 聖書には暗号が仕込まれており、神からのメッセージや未来の予言が隠されている――かつて世界的ブームとなった「聖書の暗号」が今再び脚光を浴びているという。世界最古の写本を“解読”した結果、現れたメッセージとは? オルタナティブメディア「BigThink」が報じている。

1119biblecode-1.jpg
画像は「BigThink」より引用

■聖書の暗号再び

 1997年に出版され、世界的に大ブームを巻き起こし、日本でも話題となったマイケル・ドロスニン著『聖書の暗号』(新潮社)をご記憶の方は多いだろう。ヘブライ語で書かれた旧約聖書を等距離文字列法(Equidistant Letter Sequence: ELS)という手法を用いてコンピュータ解析すると、様々な予言の言葉が現れるというものだ。著者のドロスニン氏は、ホロコーストや湾岸戦争など、聖書の暗号で様々な出来事が予言されていると主張し、世界中の注目を集めた。

 それからおよそ20年が過ぎ、再び聖書には暗号で隠された神のメッセージや予言が含まれていると主張する人物が現れた。

 ティモシー・スミス氏は米ヴァージニア州出身の美術品・骨董品の専門家であり、代々受け継いだファミリービジネスの継承者でもある。ビジネスと歴史に強い興味を持ち、高等教育も受けているスミス氏は、1998年、現存する最古のヘブライ語聖書の写本とされるレニングラード写本に“暗号”を発見したという。彼はこの暗号を「チェンバレン・キー」(チェンバレンとは宮廷における侍従を意味する)と呼び、長年の研究の結果、イエス・キリストの誕生といった重要な出来事の予言や、契約の箱のありかなど、神の手による様々なメッセージを見つけたと主張しているのだ。

1119biblecode-2.jpg
ティモシー・スミス氏。画像は「YouTube」より引用

コメント

7:匿名2018年11月21日 16:45 | 返信

そう言えば、ニュートンの予言という本もありましたね。
あれも確か、聖書の暗号解読の著書でしたね( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

6:匿名2018年11月21日 00:53 | 返信

アルファベット26文字しかないからなぁw

ちょっと頭大丈夫?としかw

5:匿名2018年11月20日 19:55 | 返信

都合の良い単語が出てくるまで飛ばす文字数を変えてELS法とやらを試しまくってるんだろ?w

4:匿名2018年11月20日 19:53 | 返信

>>2

残念。「ヘブライには子音しか無い」が正しい。
なんで君、逆に覚えちゃったのかな?
恥ずかしいね。

3:匿名2018年11月20日 17:34 | 返信

戦慄したメッセージとやらを書けよ

2:早く警○官を逮捕せよ!2018年11月20日 13:14 | 返信

古代の文字とやらは母音しかない、日本語でいうことろの、あ、い、う、え、お、しかない。これは昔キリスト教徒から直接聞いたから間違いない。ということは無限の解釈ができるわけじゃない。そんなもん解釈の仕方によってはどんな文字でも作れそうなもの。
オカルトマニアの自分とてこれはいただけないな。

1:匿名2018年11月20日 10:46 | 返信

なんだこれ中途半端だなぁ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。