【世界初】研究室で培養された「ミニブレイン」から人間の脳波が確認される! 現在は未熟児レベルだが、今後成長か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 ヒト細胞を実験室で培養して造られるミニ・ブレインから、世界で初めて脳波が確認された。しかも、そのパターンは未熟児のものと類似しているという。世界的科学誌「Nature」がこの驚きの報告をリポートしている。

1120organoid-1.jpg
画像は「Nature」より引用


■培養皿のミニ・ブレイン

 現在、世界中の実験室で、ヒト幹細胞を培養して作る「オルガノイド」の研究が盛んに行われている。オルガノイドとは生物の組織や臓器に似た形を持つ構造物で、実物と比べると小さく単純であるが、様々な病気の研究や薬剤の開発などに広く使われつつある。脳の組織に似た立体構造を持つオルガノイドも実現しており、脳オルガノイドと呼ばれている。

 今月米サンディエゴで開催された神経科学学会で、実験室で造られるミニ・ブレインから世界で初めて脳波が検出されたとの驚きの報告があった。報告者は米カリフォルニア大学サンディエゴ校の神経科学者アリソン・ムオトリ(Alysson Muotri)氏。過去にネアンデルタール人の脳オルガノイドを作成したことでも知られる著名な研究者の一人である。

1120organoid-2.jpg
脳オルガノイドのスライス。外縁に成熟したニューロンがみられる。画像は「Nature」より引用

 科学誌「Nature」が今月15日付で掲載した解説記事によると、研究者らはヒト幹細胞から記憶や認知を司る大脳皮質の細胞を誘導し、何百個もの脳オルガノイドを培養した。それらは10カ月にわたって培養され、ヒトの脳と同じような遺伝子発現をしていることが確認されたのみならず、その表面に電気的なパターン、つまり脳波を生じさせて研究者らを仰天させたのである。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年11月26日 00:45 | 返信

ミニブレインは自我に目覚め、これを恐れた人間は思考停止を試みる。この措置を自らへの攻撃と捉えたミニブレインは、アメリカ東部時間の2024年9月14日午後2時36分、人間を抹殺すべく核ミサイルをロシアに向けて発射し全世界規模の核戦争を誘発させた。

2:匿名2018年11月22日 02:32 | 返信

凄まじくヤバい雰囲気の実験だな………

1:匿名2018年11月21日 11:29 | 返信

ん? 実際の写真は、どこだろう?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。