• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 中国で世界初となる遺伝子編集ベビーが誕生したという驚愕のニュースが飛び込んできた。AP通信が今月26日付で速報し、すでに世界的な大ニュースとなっている。

1126geneeditingbaby-1.jpg
He Jiankui氏。画像は「AP通信」より引用

 世界初の遺伝子編集ベビーを誕生させたと主張しているのは、中国・深圳市にある南方科技大学のHe Jiankui氏である。AP通信の記事によれば、今月、中国人のカップルを両親とする双子の女の子が生まれた。この双子の赤ちゃんは受精卵の段階でCRISPR-Cas9による遺伝子編集を受けており、それから母親の子宮に移されたという。なお、赤ちゃんや両親の身元は明らかにされていない。

動画は「YouTube」より引用

 受精卵はHIVに耐性を与える目的で遺伝子編集を加えられた。遺伝子編集の標的とされたのは白血球の表面にあるCCR5という膜タンパク質の遺伝子で、HIVが感染するとき最初に利用するタンパク質である。このタンパク質に変異を持つ人々にはHIVへの抵抗性があることが知られている。

 この一件を報じた「MIT Technology Review」の記事によれば、He Jiankui氏の実験に参加したのは父親がHIV陽性、母親は陰性というカップルだった。両親から提供された精子と卵子は、HIVの感染を防ぐために洗浄されてから受精に供され、その受精卵に遺伝子編集が行われたのである。遺伝子編集が成功していたなら、双子の赤ちゃんはHIV、コレラ、天然痘などの感染症に抵抗性を持つことになるというが、残念ながら現時点では査読された論文は発表されていない。

関連キーワード

HIV

コメント

10:匿名2018年11月28日 19:27 | 返信

なんと傲慢なのだろう彼は神にでもなったつもりなのだろうか

9:匿名2018年11月28日 13:08 | 返信

記事が不完全だから訳のわからないコメントが目につく。
続報で言い訳も載せてくれることを期待する。

8:匿名2018年11月28日 11:35 | 返信

中華四千年の歴史アルヨーw

7:匿名2018年11月27日 18:50 | 返信

KY は違うだろう
タイトル直すべき

6:匿名2018年11月27日 13:44 | 返信

近未来コーディネーターvsナチュラリアン
が現実におこりそうだ。
と思ったのは俺だけじゃないはず

5:匿名2018年11月27日 13:05 | 返信

記事を執筆した記者も、賛同するコメントをしている連中も、倫理的にどうかしていると思わないのか?
このベビーも、実験動物としての人生を歩まされるはずだ。
特に記者くん、それを何とも思わないのか?

4:匿名2018年11月26日 23:29 | 返信

遺伝子操作を成功させた時、きっと病気で苦しむ人間が減るだろうけどね、人間は体質なのか何なのかわからないけど、病気をする。先天的なもの 後天的なもの あんな病気なんてすぐ無くなる時代に突入する。ただ精神病や心の病気の人は遺伝子操作でも無くならないと思う。
●●障害とかさ要は軽い●的障害で病気では無いんでしょうからw

3:匿名2018年11月26日 23:07 | 返信

中国だから胡散くさいな(笑)
でも本当ならどんどんやって欲しい

自分は骨の奇形が地味にあるけど
生まれる前にそういうのは
遺伝子操作で無くしておいて欲しかったなー
アレルギーも酷いから肌もたまに荒れて痒いし
プツプツ湿疹と潰れてツユ出るし
消化も弱ってきてご飯食べれない
せめてなんかの病気の耐性とか欲しかったなー

SEEDのコーディネイター出てきて欲しい
もう自分が対象にもならないし
次世代を生むこともないからどーでもいい話だけど
自分の子供をコーディネイターに出来るなら
絶対するなー

あと100年後とかこの中国の人賞賛されてたりして
人権とかね、生まれてから
世界を知らなかったらわからないよ
グフフフフ

2:匿名2018年11月26日 21:56 | 返信

さすが人命軽視の中国人w

1:匿名2018年11月26日 21:24 | 返信

この実験は必ず成功する。なぜなら、あの中国だからだ。
 
実験の失敗で世界中から非難を浴びせられることと、成功で賞賛を受けることの違いはあまりにも大きいから、中国らしく、実験に失敗した時は当然のごとく赤ちゃんのすり替えを行うだろう。
遺伝的に病気の耐性を持った赤ちゃんもすでに用意されていることだろう。
よって、表面的には必ず成功するのだ。
 
しかし、今の日本も大して変わらない。
現在の日本技術の品質だって組織規模のデータ改ざんで保たせているだけだから・・・・

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。