【奇病】ヘモラクリア ― 1時間以上「血の涙」を流し続けた男の謎、鼻をつまむと耳から血が出ることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

ヘモラクリア

,

三橋ココ

,

奇病

,

流血

,

,

,

眼球

 「血の涙」とは『デジタル大辞泉』(小学館)によると、「怒りや悲しみのあまりあふれ出る涙」で「堪えがたい苦しみに血の涙を流すこと」だそうだ。しかし科学ニュースサイト『Live Science』で、52歳のイタリア人男性が文字通り「血の涙」を流す奇病にかかったと報道された。


■血の涙を流す謎の「ヘモラクリア」とは?

 10月31日付の医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」によれば、イタリアに住む52歳の男性の両目からある日突然、血の涙が溢れ出てきた。その男性は慌ててシチリア島北東部のメッシーナ市の病院の緊急治療室に駆け込んだ。彼の目に痛みはなく、顔面にも何の外傷もなく、視力も正常で両眼を動かすことも問題なかった。

bleedingfromeyes1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 血の涙は始まってから約1時間で自然に止まった。その男性を診察した医者は、この症状は血液が人の目から出てくる稀な病気である「ヘモラクリア」と診断した。この症状は目の感染症、炎症、そして目や周囲にできた腫瘍などによって引き起こされる可能性があると報告書は述べている。

 また同様の症状が2003年にイギリス人女性にも起きたが、彼女のケースでは、鼻をつまんで鼻血を止めようとしたところ、目や耳から血液が出てきたという。このケースは、鼻血が逆流して血の涙となったと診断された。

bleedingfromeyes2.JPG
血の涙を流す56歳のイギリス人女性 「Daily Mail」の記事より


■血管の余分な成長が原因か

 このイタリア人男性の目を詳しく検査したところ、患者は両眼まぶたに血管腫と呼ばれる非がん性腫瘍があることが明らかになった。米国立医学図書館によると、これらの腫瘍はしばしば乳児の皮膚等に現れる血管腫で、血管の余分な成長によって起きる。

 男性は眼圧を軽減する点眼薬の「チモロール」を使い、治療を受けた。患者は発症から1年たつが、現在まで血の涙が再発したことはない。

 この「血の涙」現象は非常にショッキングなので、もし信仰心の強い未開発の国で起きたら、神の奇跡や悪魔の仕業と思われたかもしれない。今回のケースは医学的に解明され幸いであった。
(文=三橋ココ)

血の涙を流すインドの少女 動画は「YouTube」より

参考:「Daily Mail」、「The Sun」、「Live Science」ほか

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年12月11日 15:19 | 返信

>>2

昔のプロレスラーみたいに血の小便を流しなさい!www
トレーニングはほぼ拷問だったらしいですよwほしひゅうまの修行にくらべりゃこれでもまだ軽い軽いw

2:匿名2018年12月11日 15:01 | 返信

血の涙ぐらいがなんだ。
 
星飛雄馬は、もっと悲惨だ。
皆から「血の汗流せ」と命令されるわ、
仕事中に、目が燃えていたからな。

1:匿名2018年12月11日 14:26 | 返信

サイレンの屍人

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。