• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 原因が解明できず治療法も見つかっていない病はこれまでにもトカナで多数紹介してきたが、今回新たにご覧いただくのは10月9日付の「Daily Mail」が報じた世界でも極めて稀で特異な病だ。


■ある日突然、痛みと共に顔が変わり始める!

 今世紀中の医療進歩でも完治は難しいのでは、と言われるほどの難病に侵された人物、それはインド南部のタミルナードゥ州出身の男性、スレシュさん(41歳)。彼は18歳で発症してから23年もの間、過酷な症状と共に生きてきたのだ。

lionfacesyndrome1.JPG
スレシュさんの治療前と治療後の様子。見違えるようだ 「Daily Mail」の記事より

 スレシュさんは頭部の骨が異常に大きくなる症状が特徴の「ライオン病」を患っている。彼の顎は痛みを伴いながら腫れ上がり、頬骨は大きく横に突き出し、一目で見て彼の体内で何かが起きていると思わせる状態だった。その症状である、頬骨の突出によりスレシュさんの目元は深く窪み、鼻筋も極めて小さく見えるようになってしまった。

lionfacesyndrome2.JPG
リチャードソン医師 「Daily Mail」の記事より

 絶望に打ちひしがれたスレシュさんを救ったのは彼の出身地からそう遠くない、同州カンニヤ―クマリ県ナーガルコーイルの医師スニル・リチャードソン氏だ。リチャードソン医師はスレシュさんについて「彼はこれまでに治療法を求めて異なる町へ多くの外科医を訪ねましたが、どの医師も症状の進行を遅らせることしかできませんでした。彼は我々の頭蓋顔面治療について偶然にも他の患者から聞き、やって来たのです」と語る。

 経済的に苦しいスレシュさんに対し、リチャードソン医師は薬代以外は全て無料で提供し、手術の際も顔に大きな傷が残らないようにと細心の注意を払った。スレシュさんは集中治療室も含めて10日間の入院期間を経て、まるで別人のような容貌となった。

コメント

1:匿名2018年10月25日 16:34 | 返信

ブラックジャックなら直せる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。