平成最後の「超大麻論2」― 宮台真司✕高樹沙耶✕石丸元章「大麻行政はデタラメ。日本はクソ社会」

平成最後の「超大麻論2」― 宮台真司✕高樹沙耶✕石丸元章「大麻行政はデタラメ。日本はクソ社会」の画像5高樹沙耶、宮台真司、石丸元章

石丸 宮台さんがラジオで大麻について発言することは、すごいことですよね。少し前でしたら、ありえないことですよ、社会的に首都大学の教授ですよ。

宮台 僕に反論できる訳がないんです。各国はこんな順序で大麻解禁に乗り出しましたとか、各国政府が参照する国際的に承認されたデータはこれですとか、世界保健機構がこんなアピールをしていますとか、大麻飲料を企画しているこんな大企業がありますとか、事実を紹介しているだけだから。でも反論どころか反応もありません(笑)。

石丸 あれだけ話していて、アンチからでも反応がないんですか!

宮台 何の反応もありません。

高樹 反応がないというより、私が言うのと、宮台さんが言うのは全然、違いますからね。宮台さんのような方が真実を言うと、誰も何も言えなくなる。そういうことになるんだと思います。

宮台 国際的に通用する反論があるのならお願いしますと言っているんですが、国際的に通用する反論ができないんです。今でも反論をお待ちしているのでお願いします。

――諸君、反応を待つ! シリーズ「高樹沙耶大麻をめぐる対話10番勝負」宮台真司先生を迎えての初戦は、クライマックスのラストへ向かうのであったステイチューン☆

【超大麻論・シリーズ3回分のイッキ読みはコチラ】

※これまでの連載はコチラ

◎石丸元章(いしまる・げんしょう)
1965年8月9日、千葉県生まれ。作家、ライター。高校在学中にライターデビュー、人面犬ブームの仕掛け人。著書に『スピード』『アフター・スピード 留置場→拘置所→裁判所』『平壌ハイ』『神風』(すべて、文春文庫)など多数。近作に『霊園にて- bpm198』(東京キララ社「ヴァイナル文學選書 第一弾」)
・@chemical999

◎高樹沙耶(たかぎ・さや)
1963年8月21日、静岡県生まれ。元女優、元作詞家、石垣島のキャンピングロッジ 「虹の豆」オーナー。1983年に主演映画『沙耶のいる透視図』で女優デビュー、映画&ドラマシリーズ『相棒』ほか、数多くの作品に出演、人気を呼ぶ。著書に『贅沢な暮らし—衣食住が育む「心のラグジュアリー」』(エクスナレッジ)、『ホーリープラント 聖なる暮らし』(明窓出版)ほか
https://www.facebook.com/nijinomame/

◎宮台 真司(みやだい・しんじ)
首都大学東京教授。社会学博士。東大助手(現・助教)や東京外国語大学専任講師を経て07年より現職。著書に『14歳からの社会学』(世界文化社)、『正義から享楽へ』(垣内出版)など。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

平成最後の「超大麻論2」― 宮台真司✕高樹沙耶✕石丸元章「大麻行政はデタラメ。日本はクソ社会」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで