映画の出演者が「ほぼ全員元囚人」!殺人、レイプ、タトゥー、地獄刑務所…映画『暁に祈れ』のヤバさを丸山ゴンザレスが語り尽くす!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
akatsuki-1.jpg

 カンヌ国際映画祭の2017年ミッドナイト・スクリーニング部門にて大きな話題となり、批評家サイト「ロッテン・トマト」でも驚異の96%(2018年8/1付)という高評価を獲得した映画『暁に祈れが、12/8(土)ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほかにて全国順次公開となる。

 汚職や殺人が蔓延し“地獄”と呼ばれる実在のタイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がったイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を映画化した本作は、「撮影場所は本物の刑務所」「キャストのほとんどが本物の元囚人」「クライマックスは約3000人の囚人エキストラが集結」など、今年一番ヤバい作品だ。


●あらすじ/"地獄"と呼ばれた刑務所をムエタイで生き抜け 魂を揺さぶる真実の物語

 タイの刑務所に服役し、ムエタイでのし上がることに成功したイギリス人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説を映画化したアクションドラマ。タイで自堕落な生活から麻薬中毒者となってしまったイギリス人ボクサーのビリー・ムーアは、家宅捜索により逮捕され、タイでも悪名の高い刑務所に収監される。殺人、レイプ、汚職がはびこる地獄のような刑務所で、ビリーは死を覚悟する日々を余儀なくされた。しかし、所内に新たに設立されたムエタイ・クラブとの出会いによって、ビリーの中にある何かが大きく変わっていく――。


●丸山ゴンザレス「今年ナンバーワンの作品」

 紀行バラエティー番組「クレイジージャーニー」などでおなじみの犯罪ジャーナリスト・丸山ゴンザレス氏は本作を「今年ナンバーワンかもしれない」と絶賛。公開にあわせて10月下旬にタイ現地取材を敢行。11月に開催された試写イベントでは、本編に登場する本物の元囚人へのインタビューを含む約4時間のビデオ映像の一部を上映。ビリー・ムーア本人が実際に収監されていたクロンプレム刑務所やタトゥーの意味などを紹介し、本作の魅力を語った。さらにトカナ編集部は丸山氏に個別インタビューを試みたのだった!

akatsuki-2.jpg

●丸山ゴンザレスがこの映画の“ヤバさ”を語り尽くす!

――映画の率直なご感想を教えて下さい。

丸山 僕はこの映画を見た瞬間に「あー! これは面白い!」って思いましたね。ここ最近見た中で、圧倒的に面白かったですよ。

 なにしろ、タイを知った気になっている人でも知らないようなタイの側面がメチャクチャ描かれていて、だからこそ面白いし刺激があった。僕自身、本編に出てくる「サクヤン」という刺青の存在は知っていたけれど、まさか映画では「ここで使うか!」という感じだったしね。

――この映画には他にはないリアリティがありましたね。

丸山 囚人ファイターを演じた本当の元囚人チャルームポン・サワットスック氏にインタビューした際、彼はこの映画を「90%リアルな映画」と言っていました。残りの10%は時代が変化したことで変わってしまった部分じゃないかな。これも今回の取材でわかったことですが、昔は面会の紙に「日本人」と書くだけで面会ができたのに、政権が変わって今は入れない。そういう風に、タイの本当のところって常に移り変わっていくんだな、と。だから10%はそういう部分で、あの映画に出てくる要素自体に「捏造や誤り」はほぼないんです。

akatsuki-movie-1.jpg

 そんな感じで、監督の映画の作り方がすごい面白くて。囚人同士が会話したりするんですけど、セリフが台本じゃないんです! 囚人のセリフは全部囚人のもので、語られる罪状も本人たちの本当の罪状。だからある意味ドキュメンタリーとしても見ることができる映画ですね。

 ちなみに監督は、キャストを探すのに1~2年かけたといいますから凄い頑張り屋ですよね。でも一方でNYではさまざまなフェチが集まる怪しいバーを営業していたり(笑)。ちょっとフランス的アート的な謎のバーですけど、裸でギターを弾いたり、裸で変なペイントをするところで(笑)。とても面白い監督だと思いますよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。