間もなく「月が地球に衝突」で大爆発&人類滅亡か!? 10月の世界的YouTubeダウンが布石、“謎の軍人”が警告していたのに…!

間もなく「月が地球に衝突」で大爆発&人類滅亡か!? 10月の世界的YouTubeダウンが布石、謎の軍人が警告していたのに…!の画像1イメージ画像:「gettyimages」より

 今年10月17日、午前10時過ぎに世界最大の動画サイト「YouTube」で世界規模の大システム障害が発生し、ネット民が騒然となるという事件が勃発した。同サイトにアクセスしようとするとエラーメッセージが表示されてしまい、SNSを中心に「YouTubeが見られない」「動画投稿やライブ配信などもできない」という悲鳴が相次いだ。

 日本でも大きなニュースとなったが、なんとアメリカでは警察に通報されるほどの騒ぎになったという。今やテレビなどの既存メディアよりも大きな影響力を持つと指摘されることもあるYouTube。約10億人の利用者がいる巨大映像メディアだからこそ、システム障害はユーザーにとって死活問題の大事件なのだ。

 YouTube側はトラブルを把握したうえで、すぐさま復旧作業に取り組んでいる旨を発表するとともに、迷惑をかけていることを詫びた。そして、わずか約1時間半後には復旧を果たし、通常通りのアクセスが可能になった。


■システムトラブルの原因は!? 憶測飛び交う

 障害発生からすぐに復旧したものの、YouTubeにとってこのような大規模トラブルは初めての事態。そのうえ、YouTube側からもトラブルの具体的な原因は明かされなかった。そのため、ネット上では「何らかの陰謀ではないか?」という憶測が飛び交った。その中でも多かったのは、「サイバー攻撃」説だ。

 実は、障害発生中のYouTubeにアクセスすると、「“高度に訓練された猿のチーム”が派遣された」という謎のエラーメッセージと猿の絵が標示されていた。「猿のチームとは何か?」と疑問の声が上がるのは当然と言えるだろう。しかも、その猿の手には(破壊道具としても使える)金槌が握られていたため、「YouTube内の“高度に訓練された猿のチーム”が反乱を起こしたのではないか?」という指摘が相次いだ。

間もなく「月が地球に衝突」で大爆発&人類滅亡か!? 10月の世界的YouTubeダウンが布石、謎の軍人が警告していたのに…!の画像2問題のYouTubeエラー画面

 筆者個人としては、トラブルの発生日が10月17日、つまり1+0+17=18と“悪魔の数字”だったことから、人類を混乱に陥れようとするイルミナティの陰謀かと勘ぐってしまったが、アメリカではさらに恐ろしい陰謀説が囁かれているようだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ