2018年に解明した科学的な新事実10がヤバい! 人間とヒツジのハイブリッド、空からウイルス、地底生物…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

8. メキシコにある世界最大の水中洞窟は宝の山

 メキシコ・ユカタン半島にある世界最大の水中洞窟「サック・アクトゥン」には、大量の考古学的遺物が眠っている。今年の調査では、古代マヤ文明の遺物をはじめ、氷河期に生息していた古代のゾウや大型ナマケモノの骨といった貴重な品々が多数見つかった。

1226scinews-2.jpg画像は「Science Alert」より引用

詳しくはこちらの記事:【神秘】メキシコ水中洞窟でマヤの神殿など200以上の遺物が発見される! 1万年前の巨大生物の骨も!

9. 地球の内部には巨大な生物圏が存在する

 我々の足元、地面の奥底にもたくさんの生命がいることが明らかとなった。今年12月に発表された研究によると、地中には「地下生物圏」と呼ぶべきほど大量の生命が息づいているといい、その広さはなんと海の2倍だというから驚きだ。世界52カ国の千人以上の科学者が参加した研究で、地中奥深くに潜む多種多様な微生物や単細胞生物が見つかっており、今後の研究成果が楽しみな分野である。

10. 人間とヒツジのハイブリット胚

 今年2月、人間とヒツジのハイブリット胚が世界で初めて作成された。ヒツジの細胞1万個につきヒトの細胞が1個程度含まれるキメラ胚で、今回は発生から28日後に破壊されたが、いずれは移植用臓器の供給元となる可能性を秘めているという。

 詳しくはこちらの記事:【世界初】ヒツジとヒトのハイブリッド胚が誕生! “羊人間”から人間への「異種間臓器移植」が現実化へ

 世界にはまだまだ多くの謎が潜んでおり、秘密のベールで覆い隠されている。来年も多くの新発見があることを期待したい。

(編集部)

1226scinews-3.jpg画像は「Getty Images」より引用

参考:「Science Alert」ほか

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年1月1日 23:15 | 返信

人獣細工を思い出すなぁ

2:匿名 2018年12月31日 14:24 | 返信

『5. 3人の脳を接続し、考えを共有することに成功』
テトリスでも四段消しにこだわるタイプとコツコツやりたがるタイプがあると思うが、
誰がイニシアチブをとるかで揉めないのだろうか?
その結果、統合失調症患者のような症状が出そうに思うけれど、どうなんだろ?

1:匿名 2018年12月31日 10:29 | 返信

それより、早く
TOCANAが考える今年の10大ニュース
を発表してよ。
私がSNSで書き込んでいる
某オカルトサイトが考える今年の10大ニュース予想
と、どれだけ合っているか楽しみなんだが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。