2018年に解明した科学的な新事実10がヤバい! 人間とヒツジのハイブリッド、空からウイルス、地底生物…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

4. 細菌は死んだ仲間からDNAを釣る

 細菌は別の生物の遺伝物質を自らのDNAに組み入れる仕組みを持っているが、今年、菌体から伸びた線毛を使ってDNAを集める様子が撮影された。その様子はまるで釣りのよう。死んだ細菌からはDNAが放出され、生きた細菌はそれを集めて、例えば抗生物質耐性などを得るのである。

1226scinews-1.jpg画像は「Science Alert」より引用

5. 3人の脳を接続し、考えを共有することに成功

 脳の活動を記録する脳波図と電磁石で刺激を与える経頭蓋磁気刺激法を組み合わせたブレインネット(Brain Net)を使い、脳神経学者らは3人の人間を接続し、その思考を共有させることに成功したという。接続されたチームはテトリスをプレイすることができたという。研究者らはいずれもっと多くの人々が接続できるようになると考えている。

6. 抗うつ剤は微生物の薬剤耐性を育てる

 微生物の抗生物質耐性は近年世界的に大きな問題となっているが、抗うつ剤の一種であるフルオキセチンがその問題に関与していることが明らかとなった。フルオキセチンは選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるが、この濃度が高いほど、微生物が抗生物資を得る時間が早くなり、より高い耐性を持つようになるという。近年は下水を介してこの成分が環境中に流出しているという指摘があり、早々の対策が必要となるかもしれない。

7. 海に住む小さな生物が大きな流れを生み出している

 今年4月に発表された研究によると、小さな動物プランクトンの巨大な群れが海中で大きな水の流れを生み出している可能性があるという。動物プランクトンの円柱状の群れは、毎日海面と海底を往復しているといい、その移動によって海の中に渦やうねりを巻き起こしているというのである。現在のところ、この効果は実験室で確認されただけだが、研究者らはいずれ実際の海の中でも観察を行いたいとしている。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年1月1日 23:15 | 返信

人獣細工を思い出すなぁ

2:匿名 2018年12月31日 14:24 | 返信

『5. 3人の脳を接続し、考えを共有することに成功』
テトリスでも四段消しにこだわるタイプとコツコツやりたがるタイプがあると思うが、
誰がイニシアチブをとるかで揉めないのだろうか?
その結果、統合失調症患者のような症状が出そうに思うけれど、どうなんだろ?

1:匿名 2018年12月31日 10:29 | 返信

それより、早く
TOCANAが考える今年の10大ニュース
を発表してよ。
私がSNSで書き込んでいる
某オカルトサイトが考える今年の10大ニュース予想
と、どれだけ合っているか楽しみなんだが。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。