【ショック】首吊り自殺した母親の死体が産み落とした赤ん坊! ヘソの緒バンジー状態… 謎だらけの奇跡的出産=インド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 英紙「Daily Mail」は、インドのマディヤ・プラディーシュ州カトニーで、あまりに痛ましい事件が発生したと伝えている。自殺を遂げた母親の両脚の間から、生まれたての赤ん坊がぶら下がっていたのだ。

【ショック】首吊り自殺した母親の死体が産み落とした赤ん坊! ヘソの緒バンジー状態… 謎だらけの奇跡的出産=インドの画像1Daily Mail」の記事より

■死を選んだ母親から血まみれの新生児

 昨年12月20日の早朝6時、農家のあるじ、サントッシュ・タクールさんが目を覚ますと、妻のラクシュミさん(36歳)の姿がなかった。怪訝に思い近隣を探したところ、なんと妻が牛舎の天井から首を吊っているのを発見したという。サントッシュさんは大急ぎで近所に知らせに走り、集落の代表者が警察に電話をかけたというのだ。

 現場検証が始まると、警官の1人が、空中でぐったりとしたラクシュミさんのサリーの中で、なにかが蠢いていることに気づいたという。死体の脚の付け根からブラブラした塊が垂れ下がっている――へその緒がつながったままの、血にまみれた新生児だった。まるでバンジージャンプのように……。幸いにもサリーに絡まって、地面への落下を免れたのだ。

 不幸中の幸いだったのは、警官によるとっさの判断で、瀕死のベビーを毛布にくるみ、救急車の到着まで安全を確保したことだろう。駆けつけた医師は、すぐさまへその緒を切断、応急処置を施した。病院へ搬送後は、NICU(新生児集中治療室)で適切な手当てを受け、現在は健康に育っているという。赤ちゃんは男の子だそうだ。

【ショック】首吊り自殺した母親の死体が産み落とした赤ん坊! ヘソの緒バンジー状態… 謎だらけの奇跡的出産=インドの画像2Daily Mail」の記事より

 しかし、不可解なのは、なぜラクシュミさんが死を選んだかだろう。彼女の自殺の原因について、家族は、まったく心当たりがないという。亡くなったラクシュミさんは妊娠9カ月だったが、16歳の長女を先頭に4人の子どもがいた。夫婦仲は良く、2人して畑仕事で生計を立てていたとサントッシュさんは話す。前夜はテレビを見た後、夜9時にはいつも通り就寝したそうだ。

人気連載
油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

油田を発見して「経済崩壊」した国・モーリタニアのやばい謎を亜留間次郎が解説! 現在は中国政府が介入し…!?

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

選ばれしキャバ嬢による「プロ孫」の世界 ― 1年間の研修、3つの書類、致命的ミス… 本当にあった“罪深き世界”

ある元キャバ嬢から聞いた怖い話です。  キャバクラが何を売っ...

コメント

2:匿名 2019年1月19日 01:18 | 返信

赤ちゃんがお母さんのお乳を飲める確率はどのくらいになるか?
小数点以下、死者母乳で答えよ。

1:トランプ大統領 2019年1月15日 20:08 | 返信

不幸中の幸いとはまさにこの事、お子さんは母親の分まで幸せに生きてほしいものです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。