【JOC竹田会長・起訴】カルロス・ゴーン事件と関連の可能性!? フランスが本気で怒るとマジで怖い過去事例と「やばい特殊部隊」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

 本気で怒ったフランスの恐ろしさは、1985年に発生した「レインボー・ウォーリア号事件」に見る事ができる。この事件は、南太平洋でのフランスの核実験へ抗議活動を行うべくニュージーランド・オークランド港に停泊していた環境保護団体「グリーンピース」の抗議船「レインボー・ウォーリア」号を、フランス情報機関DGSEが送り込んだ水中特殊工作員が爆弾を仕掛け爆破、死者1名を出した事件だ。船は沈没し、グリーンピースの抗議活動は中止に追い込まれた。

 自国の為ならば手段を選ばず、例え情報機関・特殊部隊の実力行使を持ってしてでも対処する、それがフランスという国なのである。

 フランスは、米英等アングロ・サクソン各国が運用する「エシュロン」と同様の通信傍受システム「フランシュロン」を独自に保有、運用している。また、2015年のパリ同時多発テロ事件時にも出動した国家憲兵特殊介入部隊(GIGN)をはじめ、世界最高レベルの能力を持つ特殊部隊を多数有している。

 こうしたフランスのインテリジェンス能力や特殊作戦能力を生かし、特殊部隊によるゴーン氏の身柄奪還作戦すら実行されうる、と筆者は見る。竹田氏の起訴は、怒りに燃えるフランスの報復措置のほんの序章に過ぎないのだ。
(塩原逸郎)

コメント

9:匿名2019年1月15日 20:06 | 返信

フランスみたいな三流国 かかってこいや

8:匿名2019年1月14日 22:33 | 返信

ひどいデマ記事だ。今回の汚職疑惑は特に海外では一昨年からとっくに報道されていたし、翻訳記事もネット上に随時存在してきた。ゴーン事件の報復だのと自惚れるのも大概にしたほうが良い。被害者ぶりながら相手国への不安を煽るのは典型的なヘイト記事であって、こういう有害な駄文を採用し掲載するこのサイト自体の品性を疑う。

7:匿名2019年1月14日 13:24 | 返信

環境保護団体は向こう側の「身内」の話でしょうが。
情報機関が反動的になった駒を切り捨てただけ。

「外」でそんなことしたらEUからの村八分は、フランスに移行しちゃうぞ

6:匿名2019年1月12日 22:06 | 返信

ゴーンが不正をしたことと同様にJOCも不正を行っただけのことだろう。

5:匿名2019年1月12日 19:57 | 返信

こちらはゴーンの捜査を進めるから、そちらは賄賂の捜査を進めれば、としか。今ゴーンを釈放したら、ゴーン逮捕に喝采を送ったフランス市民が黙ってないだろう。本当にフランスで革命が起きちゃうよ。
ただ、エールフランスの皇居上空低空飛行もあったから、何か仕掛けて来るかもしれない。
フランスは周恩来やトウショウヘイのフランス留学組を育て、一時期ポル・ポトも亡命してたはず。世界の火種を育むしょうもない国だから、注意は必要。

4:匿名2019年1月12日 12:13 | 返信

マクロンは、日産をフランスのものにしようと躍起だったからな。ゴーンと密約を交わしたらしいが、これでご破算になったんだから、激怒してるだろう。あいつ自身も金の亡者だし。

3:匿名2019年1月12日 07:13 | 返信

確か水爆実験か何かに反対してテロ行動を起こしていた環境保護団体の船を
特殊部隊員が沈めたってのもあったな。
日本もそれくらいやればいいのに。

2:匿名2019年1月12日 02:24 | 返信

なんかコメント消えたけど自称軍事専門家の大先生はどうやって
日本国内にフランス軍を送り込むのか迷宮かつ無数のセキュリティで執拗に守られている
東京拘置所に突入してゴーン容疑者を救出できるのか全然根拠を話してない

少なくとも国内で勝手に戦闘を始めたらまずいんじゃない

1:匿名2019年1月12日 02:18 | 返信

武力行使でゴーン容疑者を奪還したら逆にフランスが叩かれるし
どうやって極秘に日本へ複数の隊員と機材を送り込んで東京拘置所に攻撃を仕掛けるの?
自称軍事専門家は東京拘置所の警備を知らなそう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。