女のウ●コを刺身やステーキにして食べて10段階で数値化してみた話・食事編【バンアパ原昌和・聖糞飛来通信】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

the band apartベーシストで怪談師・原昌和が、自身の異常性をさらす連載コラム「聖糞飛来通信(ひじりぐそひらいつうしん)」!

第三回:心優しい友人の思い出(後編)

(調理編の前編はこちら)

女のウ●コを刺身やステーキにして食べて10段階で数値化してみた話・食事編【バンアパ原昌和・聖糞飛来通信】の画像1

 とにかく「晩餐」の準備は整った。

 ヤッちゃんはフォーマルスーツに身を包み、先ずは「刺身」に箸を付けた。静かに目を閉じ、全神経を集中した舌に「御観音」を厳かに乗せた。

「にっげえ!!!」

 突然、目をカッと開いてヤッちゃんは叫んだ。

「くさにげえ!」

 俺達は「観音との官能」に猛るヤッちゃんをなだめつつ、「IQ150」のコンピュータのような頭脳で、「甘味、塩味、酸味、旨味、苦味」それぞれの味覚を10段階に数値化するように指示した。

俺「ヤッちゃん。じゃあ最初、甘味は?」
ヤ「ゼロ」
俺「塩味」
ヤ「ゼロ」
俺「酸味は?」
ヤ「ゼロ」
俺「旨味」
ヤ「ゼロ」
俺「苦味」
ヤ「10」

 苦味のみ「10」。これを五角形の味覚チャートのグラフにしたら「筋」だ。面積すら持たない「筋」になる。

「いや、これ本当にそんくらい極端な苦さだけで構成された味なんだよ。食った事ないけど、タイヤを柔らかくなるまで噛んで食べたとしたらこんな味なんだと思う。」

 なるほど。かなり真剣に吟味した結果の数値なのか。それでは次は「ステーキ」を味わっていただく。

人気連載
奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

奇習! 童貞青年を人妻が筆下ろしする「性人式」があった! 盛り上がりすぎてヤバいことに…=西日本

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本  毎年正月を過ぎる頃にな...

人気連載
犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

犬のお墓にまつわる本当にあった超怖い話 ― 四国「犬神信仰」の祖母が遺した“死の祟り”(川奈まり子)

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年2月7日 23:17 | 返信

最高かよ

5:匿名 2019年1月26日 01:04 | 返信

19年のノーベル賞は決まりだな!!
あっぱれ!

4:匿名 2019年1月25日 14:32 | 返信

嘘だある事を信じたい

3:匿名 2019年1月25日 04:28 | 返信

こいつは朝鮮人の家系か?

2:匿名 2019年1月23日 21:59 | 返信

>> 1

いやいや、中国なら糞の価値はそんなもんじゃない。
 
>「甘味、塩味、酸味、旨味、苦味」
 
食べずとも嗅げば分かることだけど、「風味」が抜けてるね。
風味の価値は、なかなか馬鹿にできないものなのだ。
 
「中国、糞尿、臭豆腐」で検索してみよう(笑)

1:匿名 2019年1月23日 21:45 | 返信

誰もやらないだろうからこそ、有意義な実験で感動しました。
必要なものを取りさったカスは、苦みしか残らない汚物なのだと改めて分かった。
糞が多少でも美味けりゃ、みんなして食べるわなぁ。
美味なら、アイドルの糞とかファンクラブで高値で取引されてるわなぁ(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。