2019年に富士山噴火、50mの「火山津波」発生で犠牲者数万人か!? 地震だけじゃない“山体崩壊”が招く津波の恐怖!

2019年に富士山噴火、50mの「火山津波」発生で犠牲者数万人か!? 地震だけじゃない山体崩壊が招く津波の恐怖!の画像1画像は、「YouTube」より引用

 12月22日にインドネシア・クラカタウ火山の噴火が引き起こした津波によって、400人以上が命を落とし、2千人近くが負傷した。この事態を受けて今、にわかに「山体崩壊」や「火山津波」と呼ばれる現象に注目が集まっている。今回は、地震以外の要因で起きる津波の種類と実例について解説するとともに、来たる富士山大噴火に伴って発生しかねない“恐怖の50m津波”についても紹介したい。


■前触れ無しで襲ってくる津波の怖さ

 インドネシアの津波は、火山噴火に伴う山体崩壊が直接の原因だった。地震による津波とは異なり、火山津波は何の前触れも警報もなく襲ってくるため避難する余裕がなかったことが被害拡大につながった。現地ではニュースなどを通してクラカタウ山の噴火を知っていた人もいるだろうが、まさか山体崩壊、そして津波が襲ってくることなど、想像した人はほとんどいなかったことだろう。このように、まったく無防備の状態で襲ってくることに、火山津波の怖さがある。


■地震以外によって起きる津波

 津波は、地震によって引き起こされるケースが圧倒的に多いが、ほかにも火山噴火による山体崩壊・海底での地すべりや土砂崩れ・湖底堆積物の崩落・ハイパーハリケーンという大嵐・海上の爆発事故・隕石などの要因で起きることがある。

2019年に富士山噴火、50mの「火山津波」発生で犠牲者数万人か!? 地震だけじゃない山体崩壊が招く津波の恐怖!の画像2海底火山 画像は、「Wikipedia」より引用

 山体崩壊による津波のほとんどは地震津波に比べて規模は小さいが、状況によってはそれと変わらないほどの大津波になることもある。

 海底火山の噴火に伴う海底地すべりが引き起こす津波は極めて稀だが、現在の徳島県で多数が犠牲となった「永正の津波」(1512年)は、四国南東沖の海底で発生した地滑りが原因だったという説もある。

 隕石津波は、その名の通り隕石落下による衝撃波が津波となる現象だ。ひとたび発生すれば、凄まじい規模かつスピードは超音速にも達するとされ、把握できる範囲では過去に地球上で8回ほど発生している。約6,550万年前にメキシコ湾カリブ海沿岸で隕石津波が発生した事実は、津波堆積物から確認されており、その時の津波は高さ約300 mにも達したと推測されている。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ