女性の脳は男性の脳より3.8歳も若いことが研究で判明! 残酷だが、老いた男の脳は実年齢よりさらに老けていた!

 最新の脳科学研究は、かなり残酷といっていい。米ワシントン大学メディカル・スクールのマヌ・ゴーヤル博士率いる研究チームは「同年齢の男女の脳を調べたところ、脳の新陳代謝は女性の方が3歳若い」と発表したのだ。つまり、男性の方が脳は早く年老いると。

■女性の方が男性よりも3.8年若い

 人間の脳はブドウ糖(グルコース)で動いている。赤ちゃんや子どもたちの小さな脳は「好気的解糖」と呼ばれる反応過程のおかげでスクスクと育ち、青年期~壮年期になれば日々の営みはグルコースの吸収(グリコーゲン)なくして成立しないだろう。だが、年を重ねるとともに脳内グリコーゲンの貯蔵は目減りしていき、還暦の声が聞こえる頃には低いレベルでの横ばい状態になるという。

 今回、ゴーヤル博士らが「米国科学アカデミー紀要Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」(2月4日付)に発表した論文は、脳内における代謝機能について20歳~82歳の205名(男性84名、女性121名)の被験者を対象に実施した研究だという。

女性の脳は男性の脳より3.8歳も若いことが研究で判明! 残酷だが、老いた男の脳は実年齢よりさらに老けていた!の画像1
「Science Daily」の記事より

 まず、PET(陽電子放射断層撮影)検査で彼らの脳が、どれくらいブドウ糖と酸素を摂取するかチェックし、脳のあらゆる領域で行われる「好気的解糖」の測定を行った。その後、男女それぞれの脳の新陳代謝データをアルゴリズムに投入し、プログラムに各被験者の代謝データから脳年齢を計算するよう指示を出した。

 すると、女性の方が男性よりも3.8年若いという数字がはじき出されたという。また、逆の分析方法も用いたところ、男性脳は本人の実年齢より2.4歳老化しているという結果になった。

■脳の老化プロセスの解明へ

 これまでに、加齢に従い脳はどんどん萎縮し、脳の新陳代謝もスピードが落ちていくことは知られていたが、男性脳は女性脳よりも、その進行が早いということらしい。

 ゴーヤル博士は「私たちは、脳の老化プロセスや脳の脆弱性から神経変性疾患に至る要因に、いかにして性差が影響を及ぼしているか、たった今、研究を始めたばかりです。高齢になってからも、女性の方が認知機能をシャープに保つ期間が長い場合が多いのですが、今回の発見が、それを説明する手がかりになれば」と、今後の研究の抱負を語っている。

女性の脳は男性の脳より3.8歳も若いことが研究で判明! 残酷だが、老いた男の脳は実年齢よりさらに老けていた!の画像3
画像は「Wikipedia」より

 日本では、待ったなしの超高齢化が始まり、将来に不安を感じている人は少なくない。医学の目覚ましい発展で、少しでも明るい老後を期待することができるようになればと願う。

(文=佐藤Kay)

※参考:「Science Daily」ほか

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ