人が二次元エロに興奮するのは進化の証だったことが判明! ヲタたちに発動する「超正常刺激」の謎とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は「Big Think」より引用

 

 sushi、samurai、tsunamiに続き世界に羽ばたいていった日本語の1つ“hentai”。日本語で変態といえば性的倒錯者を指すが、hentaiはアダルトアニメや成人向け漫画を指す言葉として世界中で使用されている。その人気ぶりは凄まじく。世界最大のポルノ動画サイト「Pornhub」によると、2018年に同サイトで最も検索された単語の第2位が”hentai”だったという。(1位はlesbian)。

 だがしかし、なぜ世界中の人々はリアルの女性よりも“2次元”を求めているのだろうか? 意識高い系知的ニュースサイト「Big Think」(2月14日付)によると、その理由は“進化”にあるという。一体どういうことだろうか?

画像は「Pornhub」より引用

 

■偽モノの方が魅力的な理由

 1973年にともにノーベル生理学・医学賞を受賞したニコ・ティンバーゲンとコンラッド・ローレンツが発見した生物現象に「超正常刺激」と呼ばれるものがある。これは、現実にはありえない(超-正常)刺激に対し、動物が特定の行動を起こす現象のことだ。

 たとえば、ミヤコドリの雌に、通常の2~3倍大きく表面に水玉模様が描かれた不自然すぎる卵を与えたところ、すぐに本物の卵を放棄し、この不自然なまでに大きい卵を抱えたという。これは親鳥が大きな卵に対し、より大きな関心を示すという行動パターンによって引き起こされた。ある特徴を備えてさえいれば動物は人工的な対象に対し、自然のそれよりも強烈な“本能”を発揮するのである。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2019年2月20日 02:54 | 返信

二次元萌えは小学生のころからだ!
周りの女がブス過ぎて興味がなかったので仕方なくアニメキャラを俺の嫁にしていた。
リアルだと汚いので潔癖症の私は二次元の女でシコシコするしかないだろう。
二次元のような美人でドSでエロくて面白い都合のいい女などいるのか?
絶対にいないから萌えるんじゃないのか?リアルな女など、ムカつくだけで一緒にいてもつまらんだろう。世界に一人しかいない私に至っては見合う相手がいないのでクローンで増えるという方法しかなく、遺伝子組み換えで不要な物を取り除き私自身も遺伝子治療を施して近親相姦するしかない。自分を理想の女に育て上げるので萌え要素が半端ない。トレーニングによってみんなエロくて強くてツインテールで萌え萌え!でも自分は不細工さんはそれが出来ないのが残念だ。
頭もおかしいだろうし、人類が劣化しないように安楽死するか、似た顔の人で固めるかだな。
みんな同じような顔をしていれば不細工だと思わない。余計なのが入るから形が崩れて不細工が出来る。美人は偶々で家族全員が美形ではないだろう?不細工遺伝子は抹殺した方がいい。
そのコントロールが出来るのはポプちんだけである。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。