「北海道地震は人災」鳩山由紀夫氏が言及した「CCS」は陰謀論なのか? 米大学や地震学者も警告、国会質問も!?

「北海道地震は人災」鳩山由紀夫氏が言及した「CCS」は陰謀論なのか? 米大学や地震学者も警告、国会質問も!?の画像1
画像は鳩山由紀夫ツイッターより

 2月21日夜、北海道の厚真町で最大震度6弱を観測する地震が発生した。震源の深さは約30キロ、マグニチュードは5.8と推定されている。同地域では、昨年9月に震度7を観測した「北海道胆振東部地震」が発生しており、気象庁は「一連の活動によるもの」「地震活動は当分続く」との見解を示している。

 そして今、鳩山由紀夫元首相が地震に関して発生前後につぶやいたツイッターでの「地震は人災」という言及が話題となっている。

(地震前のツイート)「先日昨年の北海道厚真町地震が高圧でCO2を地下に貯蔵するCCSにより人工的に引き起こされたのではないかと書いた。実際、北大の研究者が5年前にその可能性があるとする論文を発表していた。日本では地震の影響を考慮するとCCSは非現実とも述べている。政府は決して認めないだろうがCCSは再考すべきだ」

(地震後のツイート)「先ほど北海道厚真町の地震は苫小牧での炭酸ガスの地中貯留実験CCSによるものではないかと書いたばかりの本日、再び厚真町を震源とする震度6の地震が起きてしまった。被災された方々にお見舞いを申し上げると同時に、本来地震に殆ど見舞われなかった地域だけに、CCSによる人災と呼ばざるを得ない」

「米陸軍の調査では、CCSの15キロ離れた辺りで地震が頻発したという。昨年の北海道の厚真地震は正に苫小牧の隣町で起きた。CCSによって起こされた人災との指摘は無視できないと思う」

「CCSの実験は最初長岡で行われたが、中越地震、中越沖地震と続き長岡での実験は中止となった。その後、いわき市沖と苫小牧沖でCCSの実証実験が続けられたが、ご案内の通り東日本大地震と北海道地震が起きている。これらの巨大地震とCCS実験が無関係と言い切れるのか」

 このようにツイートした。これに対し、ネットでは「事実無根」「不謹慎でしかない」など、批判が殺到。道警もデマ情報と認定した。それでは鳩山氏がかねてから指摘してきたこのCCS問題とは一体何なのか? 以下は、百瀬直也氏の文から抜粋しながらまとめる。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ