【実録】「井戸から出てきた着物の老婆が人を引き込む」石垣島の事件は本当だった! 真っ赤な目の老婆が現れ…被害者激白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

 このような話があるのなら、一度は見に行ってみたいと思った。しかし、民宿の主人は、井戸に行くこと自体を止めようとした。それでも行ってみたいということを話すと、「とりあえず、これを持って行きなさいな」と言って、島の海でとれた塩と意味不明の赤い紐を手渡してくれた。主人が言うには、何者かが現れたら、その人間に向けて塩を撒くといいという。そして、つかみかかられたら、赤い紐をその何者かの顔に押しつけるといいという。この赤い紐の正体は分からなかったが、話を聞いていると霊能者から授かったものだということが分かった。

 石垣市内には、現代の科学をもってしても解明できないミステリースポットが点在している。その多くは人里を離れたところに位置しているが、歓楽街や住宅街にもある。もちろん、このようなスポットはガイドブックには記されていない。地元の人たちしか知らないのだ。何も知らない観光客は、夜遅くなったらあまり出歩かない方がいい。そして、地元の人たちが避けているような場所には、何があっても絶対に近づいてはならない。命を落としても、誰も責任をとってくれないのだから。

文・写真=小倉門司太郎

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年3月19日 18:08 | 返信

石垣ではこんな喋り方しない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。