8年間謎に包まれたままの「バルト海の異物」に新証言! 電子機器の異常、縁取られた穴、円形配置の… ダイバーが衝撃暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
画像は「Express」より引用

 さらに、異物付近には石で作られた謎のサークルも存在し、ホジャーボーン氏は「誰かが意図的に石を配置したようだった」と語っている。だが異物の異常はこれだけではなかったという。

「最も不思議で奇妙だったのは“穴”です。円形の穴で、幅は2~3mでした。周囲はフレームのようなものがはめ込まれていました。額縁のようなものです。これは本当に奇妙でした」(ホジャーボーン氏)

 2018年にスウェーデン・ストックホルム大学の研究チームは氷山活動でできた自然物であるとの見解を示したが、異物から採取したサンプルを分析した地質学者のスティーブ・ウィーナー氏は「自然に形成される物質ではない」と反論している。

画像は「Express」より引用

 バルト海の異物が人工物である可能性はホジャーボーン氏の体験からも伺える。

「私たちが異物の真上に近づくと、衛星電話が動かなくなってしまったのです。しかし、異物から200mほど離れると正常な状態に戻りました。それで試しにもう一度近づいてみると、またしても電話が動かなくなったのです」(ホジャーボーン氏)

 自然物でないとしたら、バルト海の異物は一体何なのか……? 謎が一段と深まったが、今後全ての真相が明らかになることに期待したい。

(編集部)

参考:「Express」、ほか

コメント

2:匿名 2019年3月1日 16:07 | 返信

何で引き揚げないの?モタモタしてる意味が分からん。

1:匿名 2019年3月1日 15:07 | 返信

ただの岩でしょw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。