イタリアの空に「イエス・キリスト」が出現! 祝福か、最後の審判か…人類滅亡の前兆だ!

イタリアの空に「イエス・キリスト」が出現! 祝福か、最後の審判か…人類滅亡の前兆だ!の画像2
コルコバードのキリスト像。画像は「Getty Images」より引用

 Facebookにアップされた写真はたちまち大きな話題となった。特にキリスト教圏の人々に強いインパクトを与えたようで、この光景を「奇跡」だとして「神からの祝福」や「来るべき審判のしるし」ではないかと考える人々もいるようだ。その一方で、光の作り出した偶然の産物だと冷笑的なコメントも寄せられている。

 空にイエス・キリストや天使の姿が現れることは決して珍しいことではなく、これまでにも世界各地で報告されている。例えば2017年4月、コロンビア中央部の都市マニサレスでは土砂崩れで17人が死亡するという痛ましい災害の直後、街の郊外にある山々の上に巨大な光が現れ、「人々を励ますためにイエス・キリストが現れた」と話題になった。

イタリアの空に「イエス・キリスト」が出現! 祝福か、最後の審判か…人類滅亡の前兆だ!の画像3
コロンビアに現れた光。画像は「The Sun」より引用

 今回ティレニア海に現れたのがイエス・キリストだとすれば、その「奇跡」が意味するところは一体何なのだろうか? トカナでもお伝えしている通り、イスラエルでは昨年から最後の審判の前兆である「赤い雌牛」や「死海の魚」といった現象が次々に現れているというが、もしかすると今回の一件もその一部なのかもしれない。人類滅亡の日は近い。

参考:「METRO」「Facebook」「The Sun」ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ