生活保護者の指切断、ツケ地獄…証拠画像も入手! 大阪西成「あいりん地区」新手の貧困ビジネスが残酷すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
画像は「Getty Images」より引用

 そもそも、生活保護受給者をターゲットにした貧困ビジネスが成立するのは、決まった日に行政からまとまった額のお金が振り込まれるからだということを覚えておこう。

 さて、あいりん地区に最近増えているのは、中国人が経営するカラオケ居酒屋、通称「ガールズバー」である。この居酒屋を仕切っているのは一人の中国人で、空き店舗が出るたびにその店舗を借り上げてはカラオケ居酒屋に変貌させ、組織的に大きく展開してきた。一時期は寂れてシャッター商店街と呼ばれていた通りに、今ではそのような店が数多く立ち並んでいる。

 ガールズバーで酒を飲むには当然ながらお金がかかるため、家賃などを引いて手元に残るのは8万円弱で、そこから生活費や飲食費をまかなう生活保護受給者は普通は通えない。しかしそれらの店では、生活保護の受給証明書を提出すれば、現金がなくてもツケで酒を飲ませてくれるのだ。

 当然、生活保護受給者に社会の金銭的な信用はない。新たな借金などは法で禁止されており、資産の所有も制限されている。しかし、ここではツケで酒を飲める…この弱みにつけこんだビジネスということになる。

X氏

 この街に長く住んでいたX氏は、ガールズバーでツケを貯め過ぎて、ツケを払わない他の客の見せしめにされた人間だ。

カラオケは一曲100円や、そのほかも安いし、ツケで呑めるから毎日通ってしまうんや。毎日通えばそりゃ、支払いの時は金利も含めて10万円以上になっとるわな。そんなの払ったら生活出来へんやろ」(X氏)

 X氏は「翌月に仕事をして払う」と言ってツケの支払いを待ってもらおうと交渉したが、生活保護費からの支払いを求める中国人経営者にそのような言い訳は通じなかった。

 ある日、何人かの中国人がX氏の家に乗り込りこんできた。さらわれたX氏は、見せしめのために指を切断されてしまったのである。

コメント

11:匿名 2019年3月21日 07:05 | 返信

これマジ?ホントだったら相当ヤバいぞ。警察が動かないのはなぜ?取り締まれよ劣悪過ぎるだろ。

10:匿名 2019年3月16日 14:06 | 返信

ずいぶん昔のドキュメンタリーであいりんの住民に密着取材してる番組をYouTubeで見たことあるけど、あんな場所でも底辺から抜け出そうと必死な人もいるにはいるんだよなぁ

9:匿名 2019年3月16日 14:01 | 返信

金ないのにチャイニーズマフィアの経営するカラオケ居酒屋に毎日通ってツケで遊ぶとかアホやろ
そりゃ指も飛びますわ

8:匿名 2019年3月16日 11:31 | 返信

>> 7

たまにはまともなこと言うじゃないか

7:トランプ大統領 2019年3月16日 05:12 | 返信

→1~5

明日は我が身という言葉を知らない連中だな。西成の人間みたいにはならないという自信は立派なものだ。山谷やあいりん地区にも差別があって沖縄だからとか〇〇の人間だかとか自らの優位性をアピールし安いアイデンティティを保とうと必死な連中がいる。底辺の人間はそのまた底辺を叩きたがる。よくわかる。

6:匿名 2019年3月16日 00:07 | 返信

西成にも光と闇が有りまして、あいりん地区が貧困と犯罪の闇なら、光に該当する所は高級住宅地の帝塚山で御座います

5:匿名 2019年3月15日 22:15 | 返信

一時的だったはずの生活保護やら障害者年金、それが楽して金がもらえるとわかると無理して働かなくなる、もしくは工夫しだいで治るような病気であっても治さなくなる。
地元にそういうのうじゃうじゃいて困る。そういう連中は昼間からパチ屋に行く。

4:匿名 2019年3月15日 17:29 | 返信

あと9本分は遊べるやん
病院まで手配済みとはこれ親切な

3:匿名 2019年3月15日 16:31 | 返信

ナマポの分際で酒飲むな ゴミクズ野郎が

2:匿名 2019年3月15日 15:01 | 返信

無意味な人生を送る中で、その無意味さから目を外らす為に人間は信仰を持つ、だがこうゆう人種は信仰ではなく貧困ビジネスを生きがいにしてるって言う。

1:匿名 2019年3月15日 14:37 | 返信

所詮身から出た錆(´・ω・`)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。