痛みや不安をまったく感じない女性出現! 常に幸福感あふれ、傷の回復も爆速… 最強すぎる遺伝子の秘密とは!?

痛みや不安をまったく感じない女性出現! 常に幸福感あふれ、傷の回復も爆速… 最強すぎる遺伝子の秘密とは!?の画像3
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 ジョーさんの遺伝子には2つの変異が見つかった。一つは、体内のアナンダミドという物質を分解する働きをもつFAAH遺伝子の働きを抑制する突然変異である。この変異に関してはそれほど珍しいものではないそうだが、ジョーさんのゲノムにはさらにFAAH-OUTという偽遺伝子が存在しており、FAAH遺伝子の働きを妨げていたのだ。その結果、彼女の体内ではFAAH遺伝子がほとんど機能せず、通常の2倍のアナンダミドが蓄積されるという。

 アナンダミドは中枢神経系から末端の組織まで様々な働きを持つ物質であり、脳内では「快楽」に関係すると考えられている。「至福物質」と呼ばれ、多幸感や高揚感をもたらし、リラックス効果もあるという。ジョーさんの幸福感、痛みや不安の欠落、物忘れや怪我の回復の早さもこの物質によるものと考えられている。ちなみに、この物質は神経系において、大麻に含まれるTHCと同じ受容体を用いており、その幸福感は大麻使用時のそれに似ているそうだ。

 なお、今回の研究ではジョーさんの母親と子どもたちの遺伝子も調べられたが、母親と娘には変異は見つからず、実際、2人は普通に痛みを感じているという。しかし、息子にはFAAH-OUTが遺伝しており、彼は母ほどではないが痛みに鈍感で鎮痛剤を使ったことがないそうだ。

 ジョーさんの不思議な体質のメカニズムは、疼痛の治療や新しい鎮痛剤の開発に大きなヒントとなるという。ジョーさん自身もこの研究結果を非常に面白がっているようで、世界中の痛みに苦しむ多くの人々を救う手助けになれるかもしれないと喜んでいるそうだ。

参考:「Science Alert」、「BBC」、「The Guardian」、「British Journal of Anaesthesia」、ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

痛みや不安をまったく感じない女性出現! 常に幸福感あふれ、傷の回復も爆速… 最強すぎる遺伝子の秘密とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで