【緊急速報】中国の遺伝子編集ベビー「天才」になっている可能性が発覚!「CCR5」編集が脳に影響、科学者の策略か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 昨年中国で生まれた遺伝子編集ベビーに関し、衝撃的な可能性を提示する研究が発表されて世界的に大きな話題となっている。賀建奎氏が行った遺伝子編集が赤ちゃんの脳に影響し、記憶力や認知能力を向上させている可能性があるというのだ。

画像は「Daily Mail」より引用

 昨年11月、当時中国・南方科技大学に所属していた賀氏は、受精卵の段階で遺伝子編集を受けた双子の赤ちゃん「ルル(露露)」と「ナナ(娜娜)」を世界で初めて誕生させたと発表、世界中に大きなショックを与えた。トカナでもすでにお伝えしているが、賀氏は中国政府の規制を無視した上、ばく大な私財を投じて研究を行っていたことが判明している。現在は中国当局の厳しい監視下に置かれており、今後厳罰に処される可能性があるという。

 賀氏は「HIVに感染しないようにすること」を目的に、CRISPR-Cas9を使って「CCR5」というタンパク質をコードする遺伝子をHIVに感染しないように改変したと説明している。HIVは免疫細胞に感染するのだが、その最初の段階で細胞膜に存在するCCR5を標的にする。だが、先天的にCCR5の遺伝子に変異(CCR5-Δ32)を持つ人々が存在し、彼らはHIVに耐性を持つことが知られている。賀氏は受精卵のCCR5遺伝子を操作してこの変異を人為的に作り出し、結果生まれたのがルルとナナである。

 今月21日、CCR5-Δ32に新たな機能が存在するという論文が学術誌「Cell」に掲載された。米カリフォルニア大学ロサンゼルス校などの研究によると、この変異を持つ人々は脳卒中からの運動能力回復が早く、認知機能の低下も少ないというのだ。さらに、CCR5を遮断する薬剤に脳卒中後の脳の損傷回復を助ける効果があることが判明したのである。

画像は「Cell」より引用

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年2月22日 23:26 | 返信

自然の作った遺伝子が完全無欠であり人間が手を加えるべきでないなんて考えは狂妄にすぎない

1:トランプ大統領 2019年2月22日 23:16 | 返信

クローンポプちんは余計な遺伝子を排除して作ってもらいたい。
態と体がだるく頭が悪くなるように作られた私の身になってみろ!大変不自由を被って人生の半分以上は損している。本来ならばもっと運動神経もよく持久力もあり頭が良かったはずだ。
母親の影響で腎臓が弱いからか持久力がないのだ!それで無理やりというかスポーツやらされて、いつも体がだるく疲れていた。あれは態とだろう?嵌められたんだ。私はダルビッシュ有と同一視されていて、なぜダルビッシュなのかといえばだるいのことだ!そのうちに、「ぐでたま」なる疲れキャラまで出てきてダル!ダル!と口走っている。あれも私を模したキャラであることは明白である。私は埼玉生まれで、たまちゃんだからな。テレ玉のように卵のキャラになるのは当然だ!さらに、頭が悪くなるように牛乳をたっぷり飲まされて成長障害にされた上に宇宙人のインプラントで精神障害にさせられ言葉が上手く伝えられない体にされた。
何度も言うが、本来ならばもっと優秀だったはずだ!
マンCのポゼッションサッカーをマンチーニ時代から担当して急激に強くなったのは調べればわかるはずだ。あの宇宙人のマスコットがいるように、あれを作ったのは私であるからして、本来の力があればもっと強くなったはずである。今でも弱くなった方であり、前線からパスコースを消してハイプレスしていないところを見ても本気でやっていない。この間の同格の相手であるチェルシー戦に至っては手加減して6点を簡単にとってしまう強さがある。相手にボールを持たせて守備だけをやるシーンなどがあったし、ガチでやったら倍は取れただろう。余りにも強いため態と負けたり弱くされているのだ。マンCは殆ど崩し切って点を取るスタイルなので完璧なのだ。
当然、完全体のポプちんがサッカーをやったら当然強いことは予想が出来る。
宇宙人であるポプちんならば、環境が整ってさえいれば、さらに相手を殺しに特化した教育システムにより、頭脳と肉体は強化され、無敵のチームを作ることが出来るはずである。
だから、世界選抜でも圧勝出来るという自信があるのだ!相手を破壊しながら無尽蔵のスタミナとスピード・パワーでぶっ壊す!一試合20点は軽い!30秒あれば1点取れるくらいの速さでプレー出来るんだ。トータル30点以上取ってもおかしくはない。そして最低3人はフィジカルコンタクトで病院送りになって、キーパーも決められすぎて悔しがるに違いない。
仕方ないだろう?強いのだから。
サッカー好きのチョン天皇もポプちんを是非支援してもらいたいものだ。もちろん遺伝子ドーピングなどやらない。元々の日本人の形に戻すだけだ。機能が弱くされている分を排除して普通の体にするだけでいい。もっとアイディアが出てきてサッカーで圧勝出来るはずである。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。