うわー! UFO目撃を報告したパイロットが上司から精神鑑定を強要! UFO目撃最新報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 あるパイロットは所属する航空会社にUFO目撃体験を報告した後、上司から精神鑑定を強制させられたとエステップ氏に話している。

「あるパイロットは心理学者の診断を受けることを余儀なくされましたが、彼は正常であると証明されました。とはいっても、その診断は彼のキャリアには何の役にも立ちません。UFO現象を話した時、多くの人々があの小さな“E.T.”を思い浮かべるので、目撃した多くの人々は、必要のない疑念を抱かれるぐらいなら、話さないほうがいいと考えるでしょう」(リチャード・エステップ氏)

 したがって、UFOを目撃した多くのパイロットは“匿名”であることにこだわっているという。彼らはUFO目撃体験を共有することについては積極的なのだが、自分の名前を明かすことにはきわめて強い抵抗があるという。UFO目撃体験者がその体験を公言することには、それほど強い社会的プレッシャーがあるということになる。

「Westword」の記事より

 

■これまで語られなかったストーリーを開示する

 UFOを目撃したパイロットの多くが“匿名”を望んでいるということは、“売名行為”とは正反対の姿勢であることから、むしろ彼らの話の信ぴょう性を高めているとエステップ氏は指摘している。

「そうした人々がUFO目撃談を話すことで、いったい何の得があるというのでしょうか」(リチャード・エステップ氏)

 エステップ氏が集めた中で記憶に残るインタビューのいくつかは「きわめて個人的な話」であると指摘している。

コメント

2:匿名 2019年4月10日 14:10 | 返信

トラさんも精神障害の疑いが強くなった。彼が核のブリーフケースを操作できる状況を鑑みると、すっげぇやべえw。

1:トランプ大統領 2019年4月10日 02:05 | 返信

航空機もカメラでフライトを撮影していた方がいいと思うね。精神状態を疑われたら面倒だろう。
そもそも不審な飛行物体は安全なフライトの為に常に通報すべきであり、応答しないのならば撃墜すべきなのだ!私が撃墜の許可をだそう!UFOは片っ端から撃墜して構わん!
その飛行物体を操縦しているものも精神障害の可能性があるし、犯罪を見過ごすわけにはいかない。余りにも動きが挑発的であったり、奇怪な光を放ったりするのは頭がおかしい証拠だ!
即座に空軍に通報し警戒を怠らないことだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。