麻薬取締官「マトリ」を徹底解説! 警視庁組対5課との軋轢がヤバイ!? 身分格差や天下り先、2年前のマトリ逮捕事件…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
イメージ画像は「Getty Images」より引用

 ピエール瀧こと瀧正則被告の逮捕劇で脚光を浴びた厚生労働省麻薬取締部通称“マトリ”。

 俗に麻薬Gメンとも呼ばれるが、マトリは厚生労働省地方厚生局の部署であり、北海道、東北、関東甲信越・横浜分室、東海北陸、近畿・神戸分室(通称キンマ)、中国、四国、九州・小倉分室・沖縄支局などに約300人の人員を配置して、薬物ルートの解明、検挙に日夜励んでいる。

 首都圏に限ってだが、同じ薬物案件を扱う部署に警視庁組対5課暴力団や外国人犯罪グループなどの組織犯罪に対応する「組織犯罪対策部」所属)があり、大物芸能人や暴力団などの逮捕に力を入れている。

 何故、名のある人物を逮捕するのか。

「芸能人や大物を逮捕すると世間に対するアピールが高いし、予算の獲得が有利に働くし、点数が高いんですよ」(大手新聞記者A氏)は語る。

 一時期、マトリと組対5課は蜜月関係にあり、共同で捜査をしていた時期もあった。しかし、ある事件をきっかけに現在は疎遠になっているという。

 その事件とは2016年12月8日、マトリの敏腕捜査官として活躍していた関東甲信越横浜分室の現職麻薬取締官であったO氏が逮捕された一件だ。

 O氏は“S”と呼ばれる情報提供者の供述調書に虚偽の内容を書き、裁判所に捜査令状を求め、容疑者の通話履歴などを差し押さえたという。虚偽有印公文書作成、同行使の疑いで警視庁組対5課に逮捕され、マトリの本拠地である九段の庁舎にガサが入り、事情聴取される事態になったのだ。

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

コメント

3:匿名 2019年4月27日 16:33 | 返信

麻取は通報しても動かないし役立たず。証拠があると言っても無視。九段下の関東厚生局ね。で、警視庁に通報したらちゃんと逮捕してくれたよ。税金泥棒だよ、ここ。

2:匿名 2019年4月27日 11:02 | 返信

>> 1

前半の前半のみ同感。監視するシステムは絶対に必要。基本やりたい放題だし。マジレスすると逆ギレする、子供よりたちが悪い。

1:トランプ大統領 2019年4月27日 10:15 | 返信

思うのだが、日本にもFBIやCIAがあったほうがいいと思うし
警察が仕事しなかったりするので警察を監視するもしくは、警察ではない犯罪相談窓口のもう一つの警察を作ったほうがいい。
普通のおっさん警察官がテロリストや宇宙人と対時したときを想像してみろ!
観光に来た外国人かコスプレをやってふざけているのかと勘違いして、そのままなにもしないに決まっている。太っていて簡単に人質になったり殺されるとかあり得るだろう。
所詮は学校の運動部の延長で警察官になったような、理解能力のない公務員だから
人の話を聞かない。態度がでかい。頭悪い。正直さぼっているという印象がある。
街に出てそんなに警察官の姿をみることもないし積極的に監視しているようでもないので、一般人からしたら普段警察官は何をしているのか不明だ。警察の相談センターに電話してみると、すぐ110ですか?と言って人の話を聞かなかったり、質問しても分からないなどと全く答えられんからな。えらいまくしたてて話をしたくないような感じで電話を切ろうとする警察の態度はひどい。頭悪すぎて相談できんだろう?警察ってどうゆう時に利用していいのか?分からなくなるではないか?あんなCMまでやっていてだな、もう24時間の相談やめた方がいいと思う。頭が悪すぎて相談できん。まるで体罰教師だ。
人間ではない私が大量にクローンで増えて、警察の代わりに世の中をキレイにしてやりたい。
私の方が何倍も仕事出来る。裁判所要らずだ。司法も私が取り仕切って、すべてAIにして無駄を省き、次々にキチガイを始末していく、世の中平和になりますよ。不法に滞在しているイラン人は要らんので麻薬売買に関わっていたら即ジャッジをする。私の場合は即銃を使うので無駄がない。麻薬常習者の実態を解明するまでもないということを教えてやれば一発で解決する。
フィリピンで証明したではないか?捜査が必要なのは撃ち殺せる敵がどこにいるかだけだ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。