【緊急】JRA日本ダービーに超激震、“すべてがひっくり返る”ヤバすぎる実態発覚! 「関係者に迷惑が…」大御所が何もかも告白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
令和初の日本ダービーに注目が集まる

■一攫千金のために必要な3つの要素

 平成の時代が終わり、令和の新時代が始まった。そして今週日曜日には、その令和最初の日本ダービーが東京競馬場で行われる。日本競馬史に残るであろう注目の一戦。競馬ファンはもちろん、競馬ファンでなくても絶対に注目して欲しいレースだ。

 優勝賞金は2億円。馬主はその80%に当たる1億6000万円が手に入り、調教師は10%となる2000万円、騎手と厩務員はそれぞれ5%の1000万円が支払われる。ダービー優勝の栄誉だけでなく、これほどの賞金が手に入るのだから、まさに夢のある世界である。

 もちろん競馬ファンも馬券を通じてレースに参加できるので、一獲千金を狙うもよし、好きな騎手や馬の応援馬券を買うのもいいだろう。しかし、この日本ダービーは昨年“285万馬券”が飛び出すような荒れるレース。100円が一瞬で285万円に化けたのだ。しかも過去10年で1番人気は2勝のみ。どうせなら、本格的に勝負して一獲千金を狙うのが男の生きざまというものだ。

 しかし、多くの人にとって、この日本ダービーは「何を買えばいいのかわからない」のが本音だろう。世の中にはスポーツ紙や競馬専門紙、さらにインターネット上での予想があふれているが、昨年の日本ダービーでそのほとんどが不的中だったように、信用度は低い。

 ならば、いったい何を参考にすればいいのか、その条件は大きく分けてこの3つ。まずは日本ダービーに繋がる今年のクラシック路線を的中させていること、続いて日本ダービーの的中に向けて納得できる根拠が開示されていること。そして最後に、日本ダービーの情報を「無料」で教えてくれることだ。以上の3つを踏まえ辿り着いたのが、日本競馬を代表する大物関係者が集結した競馬情報の「シンクタンク」である。

 

■ハンパない大御所が揃ったプロ集団の“完璧な実力”

 まずシンクタンクは、日本ダービーに繋がるレースとして、ホープフルステークス、京成杯、共同通信杯、毎日杯、若葉ステークス、皐月賞を見事に的中させている。特に日本ダービー出走馬が多く出走した皐月賞を的中させているのはポイントが高い。そして日本ダービー的中の根拠となるのが、シンクタンクに所属する大物関係者と情報収集態勢だ。

シンクタンクで活動する中野渡清一元JRA調教師

 シンクタンクには、名馬ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一元JRA調教師、武豊よりも早く全10場重賞制覇を成し遂げた安田富男元JRA騎手、さらに境征勝元JRA調教師、平井雄二元JRA調教師など、現役関係者の大先輩にあたる人物が多数在籍しており、関係者から『本音』を聞き出せる情報収集態勢が整っている。中でも最高顧問の増沢末夫氏は、日本ダービーを騎手時代にアサデンコウとダイナガリバーで2度優勝している伝説の騎手。まさに日本ダービーを知り尽くす大物だ。

 いわゆるサラリーマンである競馬記者達と比べ、競馬に関わってきた時間も思い入れも桁違いに異なる、その事実はそのまま競馬関係者達との信頼関係にも繋がっている。結果として、シンクタンクの関係者だけが現場から知らされる「本音」が存在するのは当然と言えよう。

 

■「公表すると大騒ぎになる」極秘情報

 今回シンクタンクに日本ダービーについて貴重な話を聞くことができた。ぜひご覧いただきたい。

「我々は競馬の内部でダービーを見てきましたが、外に出てもその思いは変わりません。今でも多くの仲間が現役でダービーを目指していますし、応援はもちろん、アドバイスやサポートもしています。そういった関係にありますから、マスコミには話さない『ここだけの話』も多く入ってきますし、中にはとんでもない情報もあります。

 皐月賞は、1番人気のサートゥルナーリアが見事に人気に応えました。昨年末から直行の皐月賞制覇は確かに偉業ではありますし、この馬の能力の高さを改めて証明する結果だったと言えるでしょう。

 しかし、単勝1倍台に支持されるほどのパフォーマンスだったかと言えば、ハッキリと“否”と言えます。実際、2着のヴェロックスとはアタマ差、3着のダノンキングリーはそこからハナ差で、この3頭はタイム差がありませんでした。しかも、直線でヴェロックスにはサートゥルナーリアからぶつけられる不利を受けています。もしもこの接触がなければ、と考える関係者も多いようです。結局のところ、皐月賞が終わった段階では、レース前よりも世間の評価は“混戦”と見る向きが強くなりました。

サートゥルナーリアの取捨がポイント

 さらに、サートゥルナーリアのルメール騎手が騎乗停止で日本ダービーに乗れなくなってしまったことも、その傾向に拍車を掛けるでしょう。代役として白羽の矢が立ったのは、かつての主戦騎手であるM.デムーロ騎手ではなく、短距離免許で騎乗中のレーン騎手。来日初週から重賞とヴィクトリアマイル(G1)を制すなど大活躍ですが、この大一番で初めてコンビを組むとなると、そう簡単な話ではないでしょう。

 事実、長い日本ダービーの歴史の中でも、完全に初騎乗だった乗り替わりで勝ったのは、1954年のゴールデンウェーブまで遡らねばなりません。この乗り替わりを主導した馬主サイド、すなわちノーザンファームサイドの思惑がどこにあるのかが、日本ダービー攻略において一つのポイントと言えるでしょう。

 さて、本題はここからです。実は、我々はすでに日本ダービーの大きなカギを握る極秘情報を入手しているのです。ただ、現時点で公表すると大きな騒ぎとなってしまい、関係者に迷惑をかけてしまいます。もしレース前に世間に大々的に出ると、すべてがひっくり返る可能性すらある強力な情報です。もちろん、他にもいろいろと弊社だから聞ける情報が入ってきていますので、皐月賞同様、完全的中を掴める確かな手応えを持っています。無料公開も実施しますので、ぜひ期待してください」(シンクタンク関係者)

 これほどのメンバーが揃ったシンクタンクが、皐月賞同様に完全的中を確信しているというのだ。彼らが独占入手した情報は、世にあるすべてのダービー情報を凌駕する「唯一無二の結論」といっていいだろう。

 そして前述したように、シンクタンクはこの日本ダービーで入手した衝撃情報を【◎-穴1点情報】として「無料公開」してくれる。競馬ファンはもちろん、競馬に興味がなくてもぜひチェックしていただきたい。馬券は100円から気軽に購入できるし、今やクレジットカードやインターネットバンキングでも購入できる便利な時代なのである。

 最後にシンクタンクの実力を証明するものとして、現在122週連続で重賞・メインレースの連続的中記録を継続していることも合わせてお伝えしたい。数年にわたり、毎週メインレースを的中させ続けているのだから、彼らの実力は疑いようがない。さらに昨年秋のG1シリーズでは14戦11勝と高い的中率を記録しており、大一番での強さは別格である。やはりこの日本ダービー、彼らの情報が最強の武器となるだろう。

CLICK → 【無料公開!日本ダービー◎-穴1点情報】シンクタンク

文=※本稿はPR記事です。

コメント

5:匿名 2019年5月21日 01:59 | 返信

こんな提灯記事書くところまで落ちぶれたのか

4:匿名 2019年5月20日 23:45 | 返信

出た!くそ当たらないというシンクタンク
スポーツ紙買って自分で考えた方が全然当たるわ笑

3:匿名 2019年5月20日 19:20 | 返信

こんなくだらな記事書いてお金もらえてうらやましい

2:匿名 2019年5月20日 15:28 | 返信

この前の皇室絡めた天皇賞の記事は面白かったのになー

1:匿名 2019年5月20日 13:20 | 返信

そんな必ず当たる!かのような素晴らしい手法があるならば何故お宅らはその手法を使って稼がない?
そんな夢のような手法があるならばこんな場末の所で記事なんて書いてる場合ではないと思いますよ?
もっともっと稼がないとね?(笑)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。