【未解決事件】米国の国立公園で行方不明者が続出、「ミッシング411」の怪! 突然の断末魔、年老いた大男、魔の三角域…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【未解決事件】米国の国立公園で行方不明者が続出、「ミッシング411」の怪! 突然の断末魔、年老いた大男、魔の三角域…の画像5
画像は「YouTube」より

 クバッキ氏の精神状態にはまったく問題はないのだが、とにかくこの“空白期間”について話せることがまったくないのだと訴えるに終始している。ちなみにこの後、クバッキ氏は学問に励み、1983年には言語学の修士号と臨床心理学の博士号を取得した。

 まるで何者かがクバッキ氏の14カ月半の記憶を完全に消し去ったかのようにも思える事件であり、本人が無事のままであるだけにさらに難解さを深めている。ミシガン湖を含む五大湖の周辺にはUFOやUMAの目撃報告も多く、その意味では何かと疑惑の多いエリアでもある。アメリカで多発するこうしたミステリアスな行方不明事件に新たな解明の糸口が見つかることを期待したい。

参考:「UFO Sightings Hotspot」、「Cool Interesting Stuff.com」、ほか

文=仲田しんじ

コメント

3:匿名 2019年5月21日 17:37 | 返信

411てよっぱらいことだろ、昔々けイさつ無線がアナログだった頃

2:匿名 2019年5月21日 17:37 | 返信

411てよっぱらいことだろ、昔々警察無線がアナログだった頃

1:トランプ大統領 2019年5月21日 13:00 | 返信

拉致された可能性が高い。
犯人は精神に異常のある変態であろう。
人間は奴の作ったロボなのでネタ作りか?自作自演で宇宙人を匂わせて存在アピールに違いなく、やはり頭の方はおかしいのである。
因みに最近買い物した時に合計金額が411になった事が2度あった。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。