未解決事件 5人が雪山で謎の失踪&遺体で発見… アメリカ版「ディアトロフ事件」がヤバイ! 体重消失、食われた死体、奇妙な女…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 1959年にソ連領ウラル山脈で、スノートレッキング中の9人が謎の死を遂げた「ディアトロフ事件」は、60年たった今でも人々の耳目を集めている。一方で、アメリカにも「ディアトロフ事件」に匹敵する不可解な事件があるのをご存じだろうか。

【未解決事件】5人が雪山で謎の失踪&遺体で発見… アメリカ版「ディアトロフ事件」がヤバイ! 体重消失、食われた死体、奇妙な女…!の画像1
行方不明の5人の男性を報じる新聞 「Newspapers.com」より

■事件の始まり

 1978年2月24日、一行は何が自分たちに待ち受けているのか、全く気付いていなかった。

 カリフォルニア州ユバシティ出身のゲイリー・マティアス(25歳)、ジャック・マドルーガ(30歳)、ジャッキー・ヒュイット(24歳)、テオドール・ワイハー(32歳)、ウィリアム・スターリン(29歳)の男性5人は、スポーツ、特にバスケットボールの大ファンだった。彼らはマドルーガの自慢の車――69年型マーキュリー・モンテゴに乗りこみ、ユバシティから約80キロの所にある、カリフォルニア州立大学チコ校の大学バスケットボールチームの試合を観戦しに出発した。

 彼らには軽・中程度の精神障害があり、精神障害者のためのデイプログラムで知り合った間柄であった。彼らの日常生活は何ら問題なく、マティアスはごく軽い精神的遅滞、マドルーガは統合失調症だったが、2人とも軍隊経験があり、車の運転もできた。

 一行の観戦した試合はその夜10時に終了し、彼らは高速道路に乗る前に、近くのガソリンスタンドで軽食を購入した。ガソリンスタンドの店員は、彼らが閉店間際に現れたせいで帰宅時間が遅れたので、一行についてはっきりとした記憶があった。以上が確認可能な、彼らの最後の足取りである。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。