ロシア最恐9人怪死の未解決事件「ディアトロフ事件」の仮説7つ! 放射線まみれの衣服、舌や目のない死体、謎の発光体…

※記事には衝撃的な画像が多数含まれます。苦手な方はTOPにお戻りください。

【世界を震撼させた知られざる“大未解決事件” 完全紹介シリーズはコチラ】

 ここで紹介する「ディアトロフ峠事件」はロシア史上、最も不可解な事件の1つとされる。9名の若者が冬山で死亡したが、死に至る経過が実に奇妙なのだ――。


■雪山で学生9人全員が謎の死

ロシア最恐9人怪死の未解決事件「ディアトロフ事件」の仮説7つ! 放射線まみれの衣服、舌や目のない死体、謎の発光体…の画像1事件前の笑顔:(左から)ブリニョール、ダビニナ、ゾロタレフ、コルモゴロワ 「Daily Mail」の記事より

 1959年1月、ウラル科学技術学校(現・ウラル工科大学)の学生と卒業生10名がウラル山脈でのスキー・トレッキングを試みた。彼らは男性8名、女性2名からなるグループで、全員が雪山登山の経験豊かな頑強な若者たちだった。

 彼らは鉄道、トラックを乗り継ぎ、最終的には徒歩で荒涼としたウラル山脈に到達したが、途中で撮影されたスナップ写真には仲良しグループならではのリラックスした雰囲気が満ち溢れ、何の不吉な陰も見えない。唯一、予想外の出来事はグループの1人、ユーディンが急病にかかり、グループから抜けて9人になったことであった。

 2月2日、グループのリーダーであるディアトロフ(この峠の名前は彼から命名された)の指揮のもと、彼らは猛吹雪の中、ホラート・シャフイル山の斜面にテントを設営した。しかし、その後彼らに何が起こったのかは誰も知らない。

 ディアトロフは麓の集落・ヴィジャイに戻ったら電報を送ると話しており、それは2月12日頃と想定していた。しかし1週間過ぎても何の連絡もなく、遂に捜索隊が結成された。

ロシア最恐9人怪死の未解決事件「ディアトロフ事件」の仮説7つ! 放射線まみれの衣服、舌や目のない死体、謎の発光体…の画像2彼らは1959年2月2日にキャンプを立ち上げた(調査官が見つけた写真フィルムから現像した写真) 「Daily Mail」の記事より

■捜索がはじまる

 2月26日、捜索隊は放棄されてひどく損傷したテントをホラート・シャフイル山で見つけた。テントの前部入口は閉まっていたが、テントは内部からナイフで切り裂かれていた。

 テントを見つけた学生のミハイル・シャラビンは、「テントは半分引き裂かれ、雪で覆われていました。中に人の姿は無く、グループの所持品や靴はすべて残っていた」と述べている。その後、捜索隊は3カ所で遺体を発見した。

 まず松の木の横に2体の遺体があったが、それらはほとんど下着姿で薄い雪に覆われていた。次にリーダーのディアトロフを含む3人の遺体が付近で見つかった。彼らの身体には何の傷跡も無かったが、死因は低体温症であることが後の検死でわかった。

ロシア最恐9人怪死の未解決事件「ディアトロフ事件」の仮説7つ! 放射線まみれの衣服、舌や目のない死体、謎の発光体…の画像3テントは中から切り裂かれていた 「Daily Mail」の記事より

 2カ月後、雪が溶けるにつれて残りの遺体が現れた。それらの遺体は頭蓋骨と肋骨を骨折していた。検死を行った医師によると、そのようなケガは非常に強い力でのみ引き起こされ、自動車事故と同様の衝撃と考えられるとの見解だった。この事件を最も奇妙なミステリーにさせたのは、遺体の1つであったリュドミラ・ドゥビニーナの舌と目が無くなっていた事である。また、数人のスキーウェアからは、通常では考えられないほど高レベルの放射線が含まれていた。

 ソビエトの捜査官レヴ・イワノフは報告書で、9人の死亡者は全員「克服不可能な未知の要素」によって死亡したと結論付けた。その後彼は、個人的には、UFOによって殺されたと思うと人々に話したという。

ロシア最恐9人怪死の未解決事件「ディアトロフ事件」の仮説7つ! 放射線まみれの衣服、舌や目のない死体、謎の発光体…のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル