「メン・イン・ブラック(MIB)」の知られざる真実3選! 日本でも目撃、エイリアンを撲殺した学者が… 映画と全然違う恐怖の実態!

 UFOやエイリアンの目撃者や研究者、ジャーナリストの前に現れるという黒ずくめの男「メン・イン・ブラック(MIB)」。UFOやエイリアンについて知っていることを他言しないよう「忠告」し、目撃者の不可解な死亡、行方不明にも関わっているという都市伝説である。最初に目撃されたのはアメリカであるが、やがて世界中で目撃されるようになった。

 1997年にはこの都市伝説を基にしたハリウッド映画が作られ、現在そのシリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』が公開中で、21日夜9時からは日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」でシリーズ3作目『メン・イン・ブラック3』が放映される。

「メン・イン・ブラック(MIB)」の知られざる真実3選! 日本でも目撃、エイリアンを撲殺した学者が… 映画と全然違う恐怖の実態!の画像1
画像は「日本テレビ」より引用

 映画の中ではエイリアンのハイテク機器を駆使して大暴れするMIBだが、実際に目撃されている彼らは、地味だがミステリアスで恐ろしい存在として語られている。そんなMIBにまつわるエピソードを3つご紹介しよう。

■超能力者に接触

 類いまれな透視能力を持ち、米政府や米軍の極秘のプロジェクトに参加していたインゴ・スワン(1933~2013)は、エイリアンやUFOがらみの案件にも関わっていたという。そんな極秘ミッションの際、アクセルロッドという名のMIBがスワンの元に現れて、移動の世話や護衛をしていたというのである。スワンはMIBによってとある湖に連れ出され、水中から現れたUFOを目撃している。

UFOが池の水をぜんぶ抜く現場を目撃! 米軍最強の超能力者インゴ・スワンとMIBの超絶UFO体験がスゴい!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ