G20で注目すべき「極秘のハンドサイン4つ」とは!? メルケルのイルミナティ・サイン、トランプ、プーチン、安倍… 握手法も怪しい!

 6月28日、大阪市で主要20か国・地域首脳会議(G20)が開幕した。米トランプ大統領や露プーチン大統領など各国の要人が集結し、世界中の注目が集まっている。

 さて、今回のG20で抑えるべきポイントは数あるだろうが、トカナとしては要人たちの些細なしぐさに着目することをお勧めしたい。写真撮影や握手の時のさりげない立ち振る舞いに、イルミナティやフリーメイソンのサインが隠されているからだ。今回は注目すべき4つのサインを紹介する。

1. フリーメイソンの握手法

フリーメイソンの握手法は、秘密結社のサインの中では特に有名なものの一つだろう。メンバーは特別な握手法をマスターしており、握手した相手がフリーメイソンか否かすぐにわかるという。これにはいくつか種類があるというが、フリーメイソン以外には秘密とされている。見分け方としては、親指で相手の指の付け根に触れることが特徴の一つとされている。

G20で注目すべき「極秘のハンドサイン4つ」とは!? メルケルのイルミナティ・サイン、トランプ、プーチン、安倍… 握手法も怪しい!の画像1
画像は「YouTube」より引用
プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ