中国四川省でM6大地震発生、人工地震の可能性は? 次は日本か、影響は…6月21日の地震予知が怖い!

 6月17日現地時間午後10時55分、中国四川省でマグニチュード6.0の強い地震が発生した。報道によれば、少なくとも11人が死亡、122人が負傷したという。建物が倒壊するなど大きな被害が発生しており、現地では余震が続く中、今なお救助活動が行われている。

中国・四川省でM6.0の地震、11人死亡 122人負傷(AFP通信)

中国四川省でM6大地震発生、人工地震の可能性は? 次は日本か、影響は…6月21日の地震予知が怖い!の画像1
画像は「Getty Images」より引用

■人工地震の噂も…

 四川省では2008年にもM8.0の四川大地震が発生しており、世界的に見ても近年地震が多発している地域の一つである。多発する地震の原因について、現地では「人工地震ではないか」という疑惑が持ち上がっており、今年3月にも住民が抗議活動を行う騒ぎになっている。この疑惑についてはトカナでも過去に取り上げており、「アメリカ地震学会」が発行する地震学関連の権威ある学術誌『Seismological Research Letters』では、2008年の四川大地震も人工地震ではないかと掲載されていることを記した。

 研究を指揮した4名の英国人学者グループによると、「人間の営みによって誘発された地震のうち、最も多いものが鉱業資源の採掘とダム建設に起因するもの」だという。(中略)四川大地震については、以前から「ダム誘発地震」ではないかと噂されていたが、震源から約5.5km、動いた断層から500mの至近距離にある紫坪埔(しへいほ)ダム(四川省都江堰市)の貯水が大地震を誘発したのではないかという。2006年に建設された同ダムの高さは500m、貯水量は3億トンにのぼり、日本最大となる徳山ダムの約2倍だ。この水の重量によって付近一帯の応力が変化したうえ、もともとダム直下の断層でひずみがたまっていたこともあり、地震の発生が早まったというのだ。(百瀬直也による過去記事から引用

 人工地震はダム建設のほか、シェールガスの採掘によっても引き起こされるといわれており、世界各地で疑わしい地震が数多く起きている。もちろん日本も例外ではなく、過去の大地震のいくつかは人工地震の可能性が指摘されている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ