【ガチ】NASAが地球外生命体「ハチモジDNA」の合成に成功! 宇宙人の超絶ビジュアルや生息地がもうすぐ明らかに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 NASAが“エイリアンDNA”の合成に成功――。目下、地球外生命体探索が鋭意進められている中にあって、エイリアンへの理解がさらに深まることが期待されている。

■“エイリアンDNA”である「ハチモジDNA」の作成に成功

“エイリアン”について抱くイメージは人それぞれだが、広く共有されているエイリアン像もいくつかある。映画のタイトルそのものの“エイリアン”や“E.T.”、あるいは“グレイ”などが挙げられるのだろう。

 また話を“地球外生命体”にまで広げれば、タコのような軟体生物や過酷な環境でも生きられるゴキブリのような姿を思い浮かべるかもしれない。

 しかしNASAから新たに公表されたニュースは、エイリアンについて我々がもっとイメージ豊かであらねばならないと要求しているようだ。なぜならエイリアンは地球上の生物とDNAレベルで異なっている可能性があるというからだ。

【ガチ】NASAが地球外生命体「ハチモジDNA」の合成に成功! 宇宙人の超絶ビジュアルや生息地がもうすぐ明らかに!の画像1
「Express」の記事より

 地球上の生物にすべからく備わっているDNA(デオキシリボ核酸)は、遺伝子情報を後世に伝え種が存続していくための重要な物質だ。このDNAはアデニン(adenine)、シトシン(cytosine)、グアニン(guanine)、チミン(thymine)という4種類の塩基で構成されていて、それぞれの遺伝情報を蓄えている。

 保存されている情報の内容こそ違えど、地球上のすべての生物のDNAの構造はこの“規格”で統一されているのだが、NASAの最近の発表ではDNAに別の姿があり得ることが示され、そして実際にその“規格外”のDNAの作成に成功したことが報告されている。そしてこのDNAは、地球外生命体がどのようなものであるかを理解する上で画期的なものになる可能性があるということだ。つまり、この規格外のDNAは“エイリアンDNA”かもしれないのだ。

コメント

5:匿名 2019年7月5日 23:12 | 返信

>> 4

気違い遺伝子とは放射能が主食のポンカス民族日本人のことか?まあ確かに食べて応援はチェルノブイリでもやってなかったからなw
食べて応援は世界的に見ても相当な気違いだと他国では言われているからなw

4:匿名 2019年7月5日 06:25 | 返信

1,2,3のヤツらは基地外。DNAは同じなのになんでこーも差がつくのかな?基地外DNAがあるのか?

3:与だよ(・∀・) 2019年7月4日 14:56 | 返信

>>2
おまえ中国でハチモジDNA仕込まれたデザイナーベビーの老いた奴やろ。ハチモジDNAは失敗やな。
次はシャモジDNA仕込むわ。お前の家の保温中の炊飯器の中に。大統領令だからしょうがない。

2:匿名 2019年7月4日 14:29 | 返信

>> 1

もしかしてこれ→『与』でない方の人ですか?
これでない方の人なら言い過ぎたしたすみません。というか関係ありません。
また、これ→『与』が来たのかと思ってプッツンしました。
キーワードの意味がわからないようならとりあえず該当者ではありません。
キーワードは名前です。

1:匿名よっちゃん 2019年7月4日 14:03 | 返信

助けたいと、おもってるけど、どううごけば、わからない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。