【ガチ】NASAが地球外生命体「ハチモジDNA」の合成に成功! 宇宙人の超絶ビジュアルや生息地がもうすぐ明らかに!

 NASAが“エイリアンDNA”の合成に成功――。目下、地球外生命体探索が鋭意進められている中にあって、エイリアンへの理解がさらに深まることが期待されている。

■“エイリアンDNA”である「ハチモジDNA」の作成に成功

“エイリアン”について抱くイメージは人それぞれだが、広く共有されているエイリアン像もいくつかある。映画のタイトルそのものの“エイリアン”や“E.T.”、あるいは“グレイ”などが挙げられるのだろう。

 また話を“地球外生命体”にまで広げれば、タコのような軟体生物や過酷な環境でも生きられるゴキブリのような姿を思い浮かべるかもしれない。

 しかしNASAから新たに公表されたニュースは、エイリアンについて我々がもっとイメージ豊かであらねばならないと要求しているようだ。なぜならエイリアンは地球上の生物とDNAレベルで異なっている可能性があるというからだ。

【ガチ】NASAが地球外生命体「ハチモジDNA」の合成に成功! 宇宙人の超絶ビジュアルや生息地がもうすぐ明らかに!の画像1
「Express」の記事より

 地球上の生物にすべからく備わっているDNA(デオキシリボ核酸)は、遺伝子情報を後世に伝え種が存続していくための重要な物質だ。このDNAはアデニン(adenine)、シトシン(cytosine)、グアニン(guanine)、チミン(thymine)という4種類の塩基で構成されていて、それぞれの遺伝情報を蓄えている。

 保存されている情報の内容こそ違えど、地球上のすべての生物のDNAの構造はこの“規格”で統一されているのだが、NASAの最近の発表ではDNAに別の姿があり得ることが示され、そして実際にその“規格外”のDNAの作成に成功したことが報告されている。そしてこのDNAは、地球外生命体がどのようなものであるかを理解する上で画期的なものになる可能性があるということだ。つまり、この規格外のDNAは“エイリアンDNA”かもしれないのだ。

【ガチ】NASAが地球外生命体「ハチモジDNA」の合成に成功! 宇宙人の超絶ビジュアルや生息地がもうすぐ明らかに!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル