【重要】“欧州最強”ドイツ銀行、破綻寸前&リストラの裏で「葬られる3つの闇」がヤバい! 赤字は意図的、世界恐慌より怖い“真実”!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

,

画像は「Getty Images」より引用

2.従業員解雇時の謎

 不審なことのふたつめは、投資銀行部門の閉鎖に伴う従業員解雇の方法だ。リーマンショックの際のリーマンブラザーズでの従業員解雇のニュース映像で有名になったとおり、投資銀行では解雇を行う際には社員を別室に呼び解雇を告げることになっている。そして解雇が告げられた社員は職場に戻ることを禁じられる。人事部が荷物をまとめて段ボール箱につめ、社員はそれを手にビルを退去する。

 これは解雇が告げられた社員が不正行為を働くことを防ぐための手順だ。ところが不思議なことに、ドイツ銀行では解雇が告げられた社員がその後の数週間の間、会社のシステムにアクセスでき、顧客とメールで連絡を取り続けることができるようになっていて、実際に顧客との連絡が行われていた形跡があるというのだ。

 具体的には解雇された行員は新たな取引を行うなどのトレーディングシステムには一切タッチできないが、顧客と共謀するために必要な連絡網は解雇決定後も会社が維持してくれていたというのである。これはきわめて不可解な対応だとして問題になっている。

 ドイツ銀行投資部門のトップは破たんに追い込まれる以前から、不正取引の撲滅に消極的だったようだ。実際2011年から14年にかけて少なくとも1億7500万ユーロ(約221億円)をロシアの犯罪者のために資金洗浄していた事実をつかんだ際にも、そのことを上層部に訴えた内部告発者の方を解雇している。

 少なくとも会社のこの配慮のおかげで不正取引に関わってきた行員は、重要な取引相手と事後処理について話し合うために十分な数週間を会社の上層部から与えてもらったことになるわけだ。

関連キーワード

コメント

2:びっくらこいた 2019年8月12日 10:51 | 返信

なるほどと目から鱗が落ちました。素晴らしい洞察力に感銘を受けました。心にストンと落ちました。ホールインワンです。闇の人達は物事歴史をこういうふうに上手に庶民を欺きながら作り上げていくのだと大変勉強になりました。ありがとうございました。このような分析眼を自分の生活向上に生かして参りたいと思いました。

1:匿名 2019年8月9日 05:05 | 返信

どうして世の中が狂っているのかを一言でいうならば、自称正義の味方よりもワルに力と金が集まっているからだよね。
0.00000000000001%:99.9999999999999%
ぐらいに力の差がある。
自称正義の味方は大抵バカでありカスであり金もなく力もまったくない。一方でワルは善悪のみならば極悪だが非常に有能で力があり金がある。そもそもワルに力と金が集まりやすいという世の中の仕組みもある。
もしワルに勝ちたい世の中を変えたい良くしたいというのならそのワルよりも力と金を手にするより他本来はないはずなんだよね。
にもかかわらず自称正義の味方と呼ばれるクズたちは愛の素晴しさを語ったり、人を許せよと諭したり、相互の理解が大切だ、と本筋とはまったく関係のないことばかりしてスピリチュアルにハマったり宗教にハマったりしている、だから世の中“こうなってる”んですよ。
こういう仕組みに気がついたのは約3年ほど前か、それ以来暗くて暗くて仕方ない。
もう世の中など永久不変に変わらない。100年後も1000年後10000年後もずっとこのままである。いやこのままというよりはもっともっと悪くなる。極限まで。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。