自己啓発セミナー「ライフスペース」ミイラ遺体事件発覚の経緯がやばい! 「オウムよりキツい…」潜入取材した男も3日で半発狂…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
新興宗教「ライフスペース」ミイラ遺体事件発覚の経緯がやばい! 「オウムよりキツい…」潜入取材した男も3日で半発狂…の画像1
昭和・平成オカルト研究読本』(サイゾー)

 5月1日に新天皇が即位し、令和の世が始まった。この歴史的転換点に合わせ、昭和・平成のスピリチュアル・オカルトをASIOS(超常現象の懐疑的調査のための会)が総括する『昭和・平成オカルト研究読本』がサイゾーから刊行された。資料的価値の極めて高い本書の中から、トカナ編集部が厳選するいくつかのエピソードを掲載する。興味を持った方はぜひ手にとっていただきたい。

 

【自己啓発セミナーが宗教化したライフスペース事件】

 1990年代に日本を騒がせた「グル(指導者)」といえばオウム真理教の麻原彰晃が有名だが、もう一人、99年末にほんの短期間だけ世間の注目を浴びたグルがいた。自己啓発セミナー団体「ライフスペース」の代表・高橋弘二(こうじ)だ。

 1999年11月。千葉県成田市内にあるホテルの客室で、男性のミイラ化遺体が発見された。詰めかけたマスコミを前に、高橋は「自分はグル」「サイババの弟子」「○○は定説」などとわけのわからないことを口走った。遺体はまだ生きており、警察の司法解剖によって死亡したのだとも主張した。あまりに荒唐無稽な主張に、記者会見や囲み取材を報じるワイドショーのVTRには、報道陣が失笑する声も入っていた。

新興宗教「ライフスペース」ミイラ遺体事件発覚の経緯がやばい! 「オウムよりキツい…」潜入取材した男も3日で半発狂…の画像2
サイババ 画像は「Wikipedia」より引用

 高橋弘二は、相手の頭を手で叩く「シャクティパット」によって病気を治せると主張。この団体のメンバーが、病気で入院中だった自分の父親を連れ出し、ホテルの一室で高橋のシャクティパットによって病気を治そうとしたが、男性は死亡した。

 これが「成田ミイラ事件」の顛末だ。高橋弘二を含めライフスペースのメンバーら計11人が保護責任者遺棄致死の容疑で逮捕された。うち2人が起訴され、亡くなった男性を病院から連れ出した息子は執行猶予つきの懲役刑が確定。高橋は殺人罪で起訴され、懲役7年の実刑判決を受けた。

 この事件は、発覚の経緯も異様だった。当初は、不審な長期宿泊の客がいるとホテル側が警察に通報し発覚したと報道されたが、実際にはそうではないようだ。

 当時ライフスペースは、紀藤正樹(きとうまさき)弁護士やメディアなど、ライフスペースに対して批判的な人々を相手に訴訟を起こしていた。その訴訟で、ライフスペース側は高橋弘二がグルであり病気を治す能力があることを示す証拠として、「明らかに腐乱していると思われる死体の写真」(紀藤弁護士)を提出してきたという。高橋やライフスペースのメンバーたちは自信満々で遺体を「まだ生きている」と信じていたのだ。

 これが警察に伝わり、ホテルでの遺体発見につながった。

「グル」「シャクティパット」はオウム真理教でも使われていた用語だ。病気治しをしようとして死者を出す点も含めて、傍目にはどう見ても宗教事件と映るが、ライフスペースの成り立ちはオウムのようなカルト宗教とは少々違っていた。

新興宗教「ライフスペース」ミイラ遺体事件発覚の経緯がやばい! 「オウムよりキツい…」潜入取材した男も3日で半発狂…の画像3
画像は「YouTube」より引用

 ライフスペースは宗教法人ではなく有限会社で、もともとは「自己啓発セミナー」と呼ばれる心理療法ビジネスをなりわいとしていた。

 自己啓発セミナーは、アメリカのスピリチュアル愛好家たちの間で人気が高かった民間の心理療法(グループ・エンカウンターや交流分析など)を、マルチ商法のセールスマン研修を請け負っていた研修業者が取り入れたものが原型だ。1970年代、こうした研修業者がマルチ商法関係者以外にもターゲットを広げ、充実した人生を送るための心理学テクニックと称してセミナーを開催する事業を始めた。これが日本に上陸し、80年代に日本のスピリチュアル・シーンで大ブームになる。

 このセミナーは、全く宗教性がない内容だ。参加者たちは数日間、通いや合宿形式でセミナー会場に缶詰めになり、ロールプレイのようなゲームや幼少期を振り返る瞑想など様々な「実習」とレクチャーを延々と繰り返す。これによって感情を高揚させられ、泣き叫んだり暴れたりし、最後は参加者同士で褒めちぎりあって、生まれ変わったような気分にさせられる。数十人、多いときには100~200人もの参加者が一つの会場で、これをやる。

 こうして自分のネガティブな固定観念や行動パターンを振り返り、それを投げ捨ててポジティブな考え方や人間関係に目覚める。そんなふれこみのセミナーだ。宗教どころかオカルト的な要素すらない。

 セミナーは主に3つのコースで構成されている。第1段階は3~4日間の通いで10万円弱、第2段階は合宿で20万円前後だ。数日間も密室で延々とこんなセミナーをやっていると、参加前には半信半疑だった人ですら最後には興奮状態で涙を流す。

コメント

9:匿名 2019年9月13日 19:50 | 返信

グル、もう亡くなってるんですね

8:匿名 2019年8月18日 16:42 | 返信

宗教やオカルトはヤバいだろ奴を吸い寄せすぎる
ここの奴等がそうであるように信者もアンチも頭がおかしい奴ばっかだろ

7:匿名 2019年8月16日 21:54 | 返信

宗教については、一番大きい宗教が『社会』でコンセンサスとれると思う。
現世や死後の救済とか拠り所としてとか生活の場とかでも良いんだけど。
近代化した社会は貧困と差別を無くすつもりで動くんだよ。ここが一番狂っているポイント。

これに気づく人と気づかない人で、年収や健康やオーラや運勢やペニス増大率や性器の名器度や五感の超越や人類の超越や超越の超越の超越の超越の超越をできることやすることや受け入れることができるようになります。

6:日本語でおk 2019年8月16日 03:02 | 返信

✕ やばみ → 〇 やばさ

5:トランプ大統領 2019年8月16日 00:33 | 返信

本の宣伝か?
あのジジイは俺に用があったようだが、
当時はまだ子供でなんも知らないし
宇宙人にインプラントで頭悪くされているので何も出来なかった。
放置それは、優しく見守ることとか言っていたような。
あれは俺が気付いていないのを放置と言っていたのだ。勝手な言い分だ。
客観的に見るとキモイ目の潰れたジジイが人の頭叩いてギャグかましてんのか?ジョークに思っていたが、今思うとあれはシンクロニシティで通じ合って起きる宇宙人のやらせで八百長なのだと考える。それを思うと取材するだけ情報を得られず無駄というものだが、取材というより実験として人間を観察した方が悪の宇宙人の弱点を導きだすことが出来るかもしれないので、見方を変えてやってみたらどうかと思う。宗教はすべて悪の宇宙人によってコントロールされているので色々試してみてチートを発見したり不自然なことが起きて何かの手がかりになることもあるはず。
私としては創価学会も取材してもらいたい。あれは一番身近にいて気になる存在だ。
記者さんには期待しているし、私が立場上出来ない分、情報を発信し続けてもらいたい。
それは非常に大きい功績となろう。

4:匿名 2019年8月15日 15:34 | 返信

>> 2

日本の犯罪署ほどパーではなかろう?w
あっ!犯罪署はパーではないわw確信犯だったねw失礼しましたw

3:匿名 2019年8月15日 12:25 | 返信

かんぽの自主研と通じるものがある

2:匿名 2019年8月15日 11:56 | 返信

頭がパーなら変な勧誘してこないが自己啓発野郎はしつこく勧誘かけてくるから迷惑
大学の先輩とこれで縁切りました

1:匿名 2019年8月15日 09:53 | 返信

昨日ドラッグストアの駐車場で理由もなく5、6時間もたむろしてる連中と同じく頭がパーなんですよw

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。