南極に超巨大「人面岩」が出現…苦悶の表情の宇宙人か! 100%人の顔、火星の人面岩とも共通点!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 またしても南極で奇妙なものが見つかった。グーグルアースの衛星写真の中から、雪山に擬態したような巨大な顔面像が見つかったというのである。英「Daily Star」(8月26日付)ほかが報じた

Google Earth uncovers ‘gigantic statue of face’ emerging from Antarctica snow (Daily Star)


■南極に巨大な顔面像!

 今月20日、Instagramの陰謀論アカウント「ufo_scandinavia」が「南極にあるグレイエイリアンの顔の像」として一本の動画を投稿した。動画はグーグルアースを表示中のスマホを別のカメラで撮影したもので、そこには確かに目と鼻と口がある巨大な顔が映り込んでいた。それはグレイエイリアンのようにも見えるし、苦悶に顔を歪ませた人間の顔のようにも見える。

 この投稿は大きな反響を呼び、検証に乗り出す者も現れた。陰謀論系YouTubeチャンネル「thirdphaseofmoon」もその一人で、早速巨大顔面像のありかを探し出し、一本の動画にまとめた。動画によると、顔面像の座標は「72°00’36.00” S, 168°34’40.00” E」であり、そこには確かにInstagramの動画にあった巨大な顔が存在している。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ