【速報】ブラジル警察が「宇宙人による侵略」と記した事件の正式報告書が発覚! UFO出現、エイリアン逃走…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

,

,

,

,

,

 南米ブラジルはUFO目撃が多発する国の一つであるが、最近になって、2008年に起きたUFO事件に関する警察の報告書が明らかとなり、大きな話題になっている。というのも、その報告書には「UFOによる侵略」と書かれていたからだ。

“Invasion of UFOs” and “Luminous Beings” in Brazil Updated With New Information (Mysterious Universe)

画像は「Getty Images」より引用

■街を停電させた2つの球体

 オカルトメディア「Mysterious Universe」(8月29日付)によると、事件が起きたのは2008年11月19日午後10時頃のことで、ブラジル対ポルトガルのサッカーの試合が始まる直前だったという。ミナスジェライス州クラウジオのRenata Veloso Guerck Austriacoという女性は、自宅アパートの窓から、回転しながら空中を飛びまわる2つの球体を目撃した。

 球体は近くにある聖母アパレシーダ教会に向かって行ったが、どういうわけかそれと同時に、ベラ・ヴィスタ地区一帯が停電となってしまった。その後、光る球体は近くの高速道路沿いに飛行して農村地帯に着陸したという。その様子は近隣の複数の人々に目撃されている。そしてそれから数日間、光る飛行物体が毎日のように目撃されたという。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年9月1日 23:41 | 返信

確かにブラジルではよく宇宙人情報が出てくる気はするね。
これは興味深い情報。「警察が撮影した写真を軍人が押収しに来る」というのは不穏な感じだ。

2:匿名 2019年9月1日 10:47 | 返信

グレイって悪魔崇拝してる人らから出てきた悪霊だと聞いてる
だから宇宙人っていないらしいからトカナもこんなニセ情報要らないよ
宇宙人に地球が侵略されますよ~と政府が将来的にフェイクニュースを流すらしいとも聞きました  UFOも人間が作ってるなんて科学は進歩してるんですね

1:トランプ大統領 2019年8月31日 16:49 | 返信

警察はそのグレイを捕まえるよりも銃撃した方が良い。どう見ても生物では無いし、ぶっ壊して見れば分かんだろ。
それは俺では無いことは明らかだ。
そんな事をする奴はチョンしかいない。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。