ブラックホールからUFOが飛び出し、銀河を形成していることが科学研究で発覚! 宇宙人生息の可能性は…!?

ブラックホールからUFOが飛び出し、銀河を形成していることが科学研究で発覚! 宇宙人生息の可能性は…!?の画像1
画像は「Fox News」より引用

 ブラックホールから“UFO”が出てきていることが最新の研究で明らかになった。

 このニュースは多くの海外UFO・オカルトサイトでも話題になっているのだが、実はUFOと言っても未確認飛行物体(Unidentified Flying Object)ではなく、Ultra Fast Outflow(超高速アウトフロー)の頭文字を取ったものである。超巨大ブラックホールから放出されるこのUFOが銀河の形成に重要な役割を担っていることがイタリア・ブレラ天文台の物理学者ロベルト・セラフィネリ博士らの研究で分かったのだ。米「Fox News」(8月21日付)が報じている。

 UFOの正体はイオン化された高熱ガスであり、いくつかの銀河において中心が闇に包まれているのはUFOのためだという。セラフィネリ博士によると、これまで超巨大ブラックホールの密度と星が拡散する速度には相関関係があることは分かっていたが、ブラックホールの重力効果だけでは説明できなかったそうだ。

 そこで、PG 1114+445という銀河を研究したところ、欧州宇宙機関(ESA)のX線観測衛星のデータからUFOが流れ出ていることが明らかになった。UFOはブラックホール近くの電離吸収体(warm absorber)に送られ、信じられないようなスピードで吹きすさんでいたという。この状態をセラフィネリ博士は“同伴UFO”と名付けた。同伴UFOは、ちょうど海上のボートを押す風のようなものであり、星間物質を押し流しているとのことだ。

ブラックホールからUFOが飛び出し、銀河を形成していることが科学研究で発覚! 宇宙人生息の可能性は…!?の画像2
画像は「Live Science」より引用

 同伴UFOが観測されたのはこれまでにわずか6回。電離吸収体の他にもう1つのアウトフローがあることは知られていたが、まだまだ分からないことは山のようにあるという。

「同伴UFOが検知されたのは6回目です。これは全く新しい知識なのです。ブラックホールから流出するアウトフローは観測されてきましたが、それらの繋がりは分かっていませんでした」(セラフィネリ博士)

 同伴UFOが繰り返し起こる現象なのか、比較的珍しい現象なのかもこれから研究するとのことだ。セラフィネリ博士は今後10年で多くのことが発見されるだろうと期待を膨らませている。

ブラックホールからUFOが飛び出し、銀河を形成していることが科学研究で発覚! 宇宙人生息の可能性は…!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで