【最新版】”超常現象牧場”スキンウォーカーの「10の調査結果」がガチでやばい! 異常が出まくっていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

「エイリアンは地球に来ている」とテレビ番組で発言するなど、トカナでもたびたび取り上げてきたNASAにも出資するほどの米大富豪ロバート・ビゲロー氏。そのビゲロー氏が一時所有・調査していたという米ユタ州のスキンウォーカー牧場に関して、研究プロジェクトに関わったという人物から新たな証言が飛び出した。超常現象が多発することから、米政府までもが興味を持っているという牧場で起こったこととは——?

Examining aspects of Unidentified Aerial Phenomena (UAP) from a scientific perspective: The Skinwalker Ranch (SOTT)

ロバート・ビゲロー氏。画像は「SOTT」より引用

■謎多きスキンウォーカー牧場

 米ユタ州バラードにあるスキンウォーカー牧場は、以前より超常現象が多発する場所として知られ、UFOビッグフットの目撃からポルターガイストキャトルミューティレーションまで、様々な怪奇現象が報告されている。風変わりな名前からして先住民の伝承にある悪の精霊から取られているというから、この場所がいかに“特別”かがわかるというものである。

 かつてはごく普通の牧場であったが、牛が怪我をする、オーブが宙を舞う、銃で撃っても死なない赤い目の生物が出る……など様々な超常現象が起きていたそうだ。その噂に興味を抱いたビゲロー氏は、この土地を20万ドルで買い取った

 牧場の調査は、ビゲロー氏率いるビゲロー・エアロスペース・アドバンスド・スペース・スタディーズ(BAASS)社により行われ、実際に多くの超常現象が観察されたという。その詳細な調査結果は明らかになっていないが、最近になって、このプロジェクトに関わったというクリス・J・マルクス氏が、ラジオ番組で自身の体験を証言したのである。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。